調布駅前広場の既存樹木の検討経緯

2018年4月12日 更新

調布駅前広場等の整備に伴い、駅前広場内の既存樹木については、移植又は伐採等の対応が必要となります。

そのため、市では、旧第一小学校由来の樹木も多く、市民の皆様からの想い入れも多い既存樹木をどのように対応するか、これまで検討を重ねて参りました。

この度、調布駅前広場既存樹木の方針を取りまとめましたので、これまでの経緯と併せてお知らせいたします。

将来の調布駅前広場には、既存樹木の活用のほか、新たな植樹を含め従前よりも緑が多く、うるおいや、やすらぎが生まれる空間となるよう整備して参ります。

これまでの検討経緯

平成27年度

平成28年2月

  • 樹木に対するさまざまな御意見を踏まえ「(1)原則撤去」の方針とした。

平成28年3月

  • 交番予定地付近の樹木を伐採
  • 樹木の保全を求める陳情(反対多数で「不採択」)

平成28年度

平成28年6月

平成28年11月

  • 要望書やその他の御意見を踏まえ再検討した「(2)移植案」を市議会で提示
  • 「(2)移植案」提示後、樹木の保全を求める団体や市議会などとの議論を踏まえて再検討

平成29年2月

  • 調布駅前広場の側道の拡幅に伴い、樹木6本移植
  • 樹木の保全を求める団体との協議(市が検討した樹木保全の提案に対し、樹木の保全を求める団体からは、「地下駐輪場を含む駅前広場全体の中で樹木のことにだけ特化して考えることはできない。特に地下駐輪場建設を前提とする樹木保全案の協議に応じることはできない。議会に自分たちの考えを伝えているので、議会の判断に委ねる」との回答で協議が整わなかった。)
  • これまでの樹木の保全を求める団体や市議会などとの議論を踏まえて、再検討した案「(3)移植案」を市議会で提示

平成29年3月

  • 市議会において、樹木に関する補正予算の承認
  • 市議会からの意見を踏まえ、樹木の保全を求める団体との再協議

平成29年度

平成29年4月・5月

  • 市議会からの意見を踏まえ、市民会議を3回開催

平成29年7月

平成29年12月

  • 市議会にて、市民会議での意見等を踏まえた地下駐輪場の設計変更に関する補正予算の承認

平成30年1月

平成30年2月

  • 地下駐輪場整備範囲の樹木の移植・伐採

平成30年3月

  • 地下駐輪場整備範囲の樹木の移植・伐採作業完了(一部樹木を除く)

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 街づくり事業課
電話番号:042-481-7417
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。