消費者安全法に基づく情報提供

2018年3月1日 登録

「在宅ワークを希望する消費者にホームページ作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる在宅ワーク事業者2社」に関する注意喚起

平成28年11月以降、在宅ワークの提供をうたう事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

具体的な事例の概要

  1. ウェブサイトで勧誘します。
  2. 研修を通じて、消費者を稼げる気にさせます 。
  3. 契約時になって突然、ホームページの作成費用として高額な初期費用を請求します。
  4. ホームページの改良の名目で、高額な追加費用を請求します 。

このような取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に、消費生活センターや警察に相談しましょう。

詳しくは、「ダウンロード」のPDF文書をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。