調布市子ども・若者基金

2019年11月18日 更新

調布市子ども・若者基金とは

調布市子ども・若者基金は、調布市子ども条例の理念である「子どもが夢を持って健やかに育ち、安心して子どもを産み、育てることができるまち」をつくるため、地域の方々からいただいた寄附金を積み立てている、貯金のようなものです。

積み立てた寄附金は、地域における子育て支援活動の支援や、経済的に支援を必要とする子ども・若者の支援等、様々な事業の財源として活用しています。

調布市では、この基金を活用し、地域全体で子どもの成長や若者の生活を支援する文化の実現を目指しています。
調布っ子の夢と未来を応援するため、是非ご寄附をお願いします。

基金活用事業

調布市子育て支援活動助成事業

地域で以下のような子育て支援活動を行う個人・法人・団体に対して、最大2万円を助成することで、地域における子育て支援の意識を醸成します。

  • 子どもの心身の成長につながる体験や遊びの場の提供
  • 将来保護者になることに備えるための学習、啓発活動
  • 保護者相互の協力による子育ての仲間づくり、交流、情報交換等

親子の交流の写真子どもの体験の場の提供の写真

調布市大学等在学者に対する生活支援給付金支給事業

経済的に支援を必要とする大学生や専門学校生に、給付金を支給することで、様々な経験を通して充実した学生生活を送れるよう支援します。給付金は、以下の2種類があります。

  • 生活費用支援給付金 1月あたり5万円を支給
  • 生活支援給付一時金 一括で30万円を支給

調布市芸術文化・スポーツ活動支援給付金支給事業

芸術文化・スポーツ活動において、優秀な実力を持ちながらも経済的に支援を必要とする子どもに、最大10万円を支給することで、芸術文化・スポーツ活動に継続して取り組めるよう支援し、子どもの夢と希望を応援します。

調布市ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援促進給付金支給事業

高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す、経済的に支援を必要とするひとり親家庭に、最大40万円を支給することで、就業機会の拡大と生活の自立を支援します。

調布市ひとり親家庭通信制高校卒業支援給付金支給事業

経済的に支援を必要とするひとり親家庭の子どもが、通信制高校及びサポート校に在籍している場合に、月額最大27,000円を支給することで、通信制高校卒業を支援するとともに、卒業後の安定した社会生活を応援します。

(注)サポート校 通信制高校と提携し、通信制高校に在籍する児童が添削課題に取り組む際の支援や単位認定試験の指導等を行う施設

これまでの基金活用例

調布子育て応援サイト コサイト

子育て中の人に役立つ楽しい情報が満載のサイトです。調布市内にある子育て関連施設や子連れで出かけたいお店や公園の情報、子育てのヒントになるようなコラム、地域で行われるイベントなどの情報を集約し、発信しています。

調布子育て応援サイト コサイト(外部リンク)

こどもとフラット

一時預かり・定期利用保育、子育てひろばを運営する「プレイセンターちょうふ」と、子育てカフェの「aona」が併設された子育て支援施設です。

プレイセンターちょうふ

一時預かり・定期利用保育と雨の日でも子どもが遊べる屋内の遊び場が併設された施設です。
また、親同士が学び合い自分たちで運営する、プレイセンター活動も定期的に実施しています。

プレイセンターちょうふの写真

子育てカフェ「aona」

乳児から大人までが一緒に食事やおしゃべりを楽しんでいただける場所で、まちの様々な人の手で子どもを育てる環境をつくることを目指す多世代交流と出番づくりのカフェです。

子育てカフェの写真

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 子ども政策課
電話番号:042-481-7105・7106・7757
ファクス番号:042-499-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。