市長コラム「手をつなぐ樹」第320号 エッ、何を?

2018年4月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

エッ、何を?

 何年か前のことになる。初対面の若い人に、いきなり「お願いします」と言われて面食らった。エッ、何を頼みたいの?一瞬、間を置いたのち「よろしくお願いします」の意だと理解した。大きな違和感を覚えたが、その挨拶は徐々に日常生活に定着しつつあるようだ。
 「よろしく」の意味を広辞苑で調べると、「よろしくお願いします」「よろしくお伝え下さい」などの略とある。そうなのだ。だからこそ、よろしくを省略したら意味が分からなくなってしまうではないか。「お伝え下さい」だけでも正確な日本語にはならない。
 また、現代の若者は、「ほう」という言葉を多用する。どうも、この言葉を付加することによって丁寧な言い回しになると誤解しているようだ。たとえば、レストランなどで「こちらのほう、ご注文のほうの、カルビのほうになります」などという滑稽な表現が氾濫している。いつ頃からこんなおかしなことになったのだろう。辞書のどこにも、そのような解釈は見当たらないのだが。
 言葉が時代とともに変化することはある程度理解する。「新(あらた)し」が「新(あたら)し」になったように。ただ、日本語の素晴らしさを大切にするためにも、安易な、また不用意な転用、誤用には敏感でありたいと思う。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。