國領神社の千年乃藤

2018年4月27日 登録

  • Facebook
  • Twitter

ちょうふ八景の一つ、國領神社「千年乃藤」

甲州街道(国道20号)沿いにある國領神社(国領町1-7-1)では、通称「千年乃藤」の薄紫色の花が今年もきれいに咲きました。今年は気候が暖かかった影響で例年より見頃を早く迎え、4月24日時点ですでに花が散り始めていました。

國領神社の鳥居の写真國領神社の境内の写真

引きで撮影した藤の花の写真寄りで撮影した藤の花の写真

市の「ちょうふ八景」にも選ばれているこの藤の木は、長い歳月を経てもよく伸び茂るので、延命・子孫繁栄・商売繁盛・不二・無事に通じ、万物の繁栄成就と災厄を防ぎ守るご神木として大切にされています。

きれいに咲く藤の花の写真下から撮影した藤の花の写真

平成30年4月29日(祝日)午前11時から午後6時までと4月30日(振替休日)午前10時から午後4時まで、「国領千年乃藤まつり」が、國領神社境内で行われます。当日は、お囃子やダンスなどのステージ、お茶席、草遊びなどを行います。

國領神社のホームページ(外部リンク)

調布市国領町1-7-1


このページのお問い合わせ先

行政経営部 広報課

電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
メールアドレス:kouhou@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ