調布市はリサイクル率全国8位(令和元年度実績)

2021年6月16日 更新

リサイクル率35.4パーセント

環境省から発表された「一般廃棄物処理事業実態調査(令和元年度実績)」において、人口10万人以上50万人未満の238市のなかで、調布市は、リサイクル率が35.4パーセントで、全国第8位でした。

また、令和元年度の1人1日当たりのごみ排出量は、平成30年度実績の701.6グラムより6.5グラム増加し、708.1グラムで、全国第12位となりました。

これは、市民、事業者の皆さんの高い分別意識と、日頃の実践行動の結果によるものです。

令和元年度リサイクル率・ごみ排出量グラフの画像

食品ロスを減らしましょう

令和2年度に実施の調布市のごみ組成分析調査では、燃やせるごみの48.5パーセントは「生ごみ」で、このうち、未利用食品(直接廃棄)が5.2パーセント、食べ残しが4.5パーセントとなっており。合計で9.7パーセントが食品ロスとなっています。生ごみを減量するには、まず、食べられる食品を捨ててしまう「食品ロス」を減らしましょう。

「食品ロス」を減らすには

  • 必要な量だけ購入する
  • 賞味期限に気をつける
  • 食材を食べ切るなど

生ごみが出てしまったら

生ごみの約8割は水分です。生ごみを捨てる前に水切りネットを使って、ギュッと絞るだけでごみ減量につながります。

紙はできるだけリサイクル

燃やせるごみに含まれる資源物のうち、包装紙・紙袋・紙箱が2.7パーセント、その他雑がみが2.2パーセントです。リサイクルできる紙は燃やせるごみではなく古紙で出しましょう。

(注)レシートなどの感熱紙、洗濯洗剤の箱、汚れのひどい紙はリサイクルできないため燃やせるごみで出してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ対策課
電話番号:042-306-8780・8781・8200
ファクス番号:042-368-9921
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。