生活ひとくちメモ「点検商法に注意」

2018年6月5日 登録

点検商法にご注意ください

業者が「無料点検してあげる」と言って住宅などの点検をした後、高額な契約を勧める商法を点検商法といいます。

事例

近所で屋根の塗装をしているという業者が来て「お宅の屋根が浮いているので気になるから無料で点検してあげる」と言われた。点検後に作業員から撮影した写真を見せられて、このままでは雨漏りするので工事をした方がいいと言われた。50年以上前に建てた家なので不安になり約100万円の屋根の補修と塗装工事を契約した。知人の工務店に相談したら高額すぎると言われたので解約したい。

トラブルにあわないために

訪問販売の点検商法は、住宅の補修工事の他に、羽毛布団の点検に来た業者から布団の仕立て直しや寝具、押入れ用除湿剤を勧められるケースなどもあります。点検だけのつもりで頼んだら、予定外の契約をすることになる場合があるので注意が必要です。

クーリング・オフの利用

訪問販売の場合は、契約内容が書かれた契約書などの書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフ(無条件解約)ができます。解約の理由は必要なく、商品を受け取った後やサービス提供後であっても解約できます。
クーリング・オフはハガキなどの書面で通知し、発信記録を残すためにコピーをとって特定記録郵便で出しましょう。
不明な点があれば消費生活センターに相談してください。 

(「生活ひとくちメモ」市報ちょうふ平成30年6月5日号)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。