2018FIFAワールドカップ ロシア パブリックビューイングが開催される

2018年6月22日 登録

調布でも盛り上がりました!

6月19日、調布市グリーンホールの大ホールで2018FIFAワールドカップ ロシア パブリックビューイング 日本代表対コロンビア代表を開催しました。

当日は開場の2時間前から待機列ができるなど、約600人の参加者が会場に集まりました。

キックオフ前にもかかわらず会場はすでに盛り上がっていました。

開場前の待機列の写真キックオフ前に撮影した会場内の写真

キックオフ直後の前半6分、日本はペナルティーキックを獲得します。香川真司選手(MF10番)が落ち着いてゴールを決めると、観客の皆さんは立ち上がってハイタッチを交わすなど会場が大歓声に包まれました。

日本が先制しハイタッチして喜ぶ写真日本が先制し立ち上がって喜ぶ写真

しかし、その後、前半39分にコロンビア代表のキンテーロ選手(MF20番)に直接フリーキックを決められると、会場はため息に包まれました。

同点ゴールを決められてため息に包まれる会場の写真

それでもハーフタイムには「まだ同点。後半に期待しています!」という声が聞かれました。

その思いが通じたのでしょうか、後半28分に本田圭佑選手(MF4番)の蹴ったコーナーキックを大迫勇也選手(FW15番)がヘディングでゴールを決めると、会場はこの日一番の盛り上がりをみせました。

大迫選手のゴールでさらに盛り上がる会場の写真

そのまま2対1で日本が勝利すると、会場全体が拍手で日本代表を称えました。

試合終了後には「大人数で盛り上がりとても楽しかった」という感想もいただきました。

決勝トーナメント進出に向けて、最高のスタートを切った日本代表の戦いに今後も注目です!

関連リンク

JFA(公益財団法人日本サッカー協会)ホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。