武者小路実篤記念館で夏休みのワークショップが開催中

2018年8月8日 登録

  • Facebook
  • Twitter

実篤記念館で夏を満喫

武者小路実篤記念館では夏休みに子どもが楽しむことができる催しが開催しています。そのうちの1つとして、3日間で絵本をつくるワークショップ「作ってみよう!私だけの本」があります。この催しはこどもたちが絵本の内容を考え、中身を作成し、製本するまで取り組むもので、毎年定員数を超える応募が集まる人気イベントです。

開いた本の写真ワークショップでつくった本の表紙の写真 

担当者の佐々木さんは「ワークショップでは、子どもが自分で考えて作品を作ることで驚くほど成長します。また学校の授業とは違って不正解がないので、とにかく絵を描く楽しさやものを作る楽しさを感じてもらい、ここで得たものを様々な場面で役立ててほしいです。」と話していました。

 ビニールの貼付け作業をしている写真ワークショップで使う落款の写真

今回私が訪れたときには前日の準備をしていました。子どもの落書きや絵の具が飛び散ることへの対策として、部屋の壁や階段の手すりなど至るところに養生シートを張りつけていました。記念館の職員は朗らかな雰囲気で作業していて、翌日から行われるワークショップに子どもたちが来てくれることを楽しみにしている様子が伝わってきました。

この他にも「夏休みの自由研究サポート」などさまざまなワークショップが行われています。今年の夏休みは緑が多く涼しげな雰囲気漂う武者小路実篤記念館でここでしかできない体験をしてみませんか?

外部リンク

武者小路実篤記念館公式ホームページ(外部リンク)


このページのお問い合わせ先

行政経営部 広報課

電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
メールアドレス:kouhou@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ