市立緑ヶ丘小学校で世界の料理「ミクロネシア連邦」を実施

2018年10月18日 登録

  • Facebook
  • Twitter

市立緑ヶ丘小学校で世界の料理「ミクロネシア連邦」を実施しました

東京2020オリンピック・パラリンピックを控え、市立緑ヶ丘小学校では、平成30年7月18日に世界ともだちプロジェクトの一環として、給食を通じてミクロネシア連邦を学び、交流を図りました。
フリッツ特命全権大使によるミクロネシア連邦紹介の写真

当日は、大使館からジョン・フリッツ特命全権大使らをお迎えし、ミクロネシア連邦の歴史、地理、民族、文化などを紹介していただきました。お話を聞いた5年生の児童からは、調布市の紹介やお礼のソーラン節が披露され、異文化交流を行いました。

児童と給食を食べる特命全権大使らの写真児童の歓迎を喜ぶ森公使らの写真

児童たちは会話を楽しみながらミクロネシア料理を味わっていただきました。民族衣装を着た調理員と教員が全クラスにデザートを配り、交流を盛り上げました。また、校長先生による大使へのインタビュー映像が放送され、ミクロネシア連邦を身近に感じる時間となりました。

クラスにデザートを配る調理員と教員の写真

当日の献立

  • バーベキューチキン(バーベキューチキンミクロネシア風)
  • グリーンパパイヤ(甘辛グリーンパパイヤ炒め)
  • コスラエスープ(コスラエスープ)
  • ファファ (バナナと里芋のデザート)
  • ミルク(牛乳)

当日の給食の写真ミクロネシアの言葉で紹介された献立の写真


このページのお問い合わせ先

教育委員会教育部 学務課

電話番号:042-481-7473~6
ファクス番号:042-481-7739
メールアドレス:gakumu@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ