大法人の電子申告義務化

2020年11月26日 更新

平成30年度税制改正により、一定の法人が行う法人市民税の申告は、電子情報処理組織を使用する方法eLTAX(エルタックス)により提出しなければならないこととされました。

対象となる法人

次の内国法人が対象となります。

  1. 事業年度開始の時において、資本金の額又は出資金の額が1億円を超える法人
  2. 相互会社、投資法人及び特定目的法人 

適用開始事業年度 

令和2年(2020年)4月1日以降に開始する事業年度分から適用

対象となる申告書等

確定申告書、予定申告書、中間申告書、修正申告書及びこれらの申告書に添付すべきものとされている書類

その他

法人市民税のほか、法人都民税及び法人事業税についても、電子申告が義務化されます。
大法人の電子申告義務化の詳細は、下記外部リンク(大法人の電子申告義務化に係る特設ページ)を御覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民税課
電話番号:042-481-7191~7
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。