水泳クラブGAGANIの選手が市長を表敬訪問

2018年12月21日 登録

水泳クラブGAGANI所属の選手が2つのリレーで日本新記録を更新

水泳クラブGAGANI所属の選手4人が、11月に金沢で行われた「第21回日本知的障害者水泳選手権(25メートル)」において、2つのリレーで日本新記録で優勝という素晴らしい成績を収めた報告のため、12月19日に市長への表敬訪問を行いました。

市長と選手と千島代表の集合写真

GAGANIは知的、発達障害の方を中心とした水泳クラブで、調布市総合体育館を中心に練習に励んでいます。

今回、リレーに出場した選手は、野村洋介選手、松田天空選手、鈴木隆平選手、貞方大和選手の4人です。

4人は100メートルメドレーリレーで56秒45、100メートルフリーリレーでは49秒59というタイムで優勝し、共に日本記録を更新する快挙を達成しました。(注)100メートルフリーリレーは12月の大会で大阪のチームがさらに記録を更新。

市長と野村選手の写真市長と松田選手の写真

市長と鈴木選手の写真市長と貞方選手の写真

市長は「ただ勝ったというだけでなく、今までで一番よい記録が出たのは素晴らしい。調布全体としても嬉しいニュースです。皆さんおめでとうございます。この記録を出すまで、大変だったかと思います。今後ともぜひ、高みを目指して頑張ってください」と選手に声をかけ、選手からは「タイムが縮まったことが嬉しかった」、「リレーでも個人種目でももっと練習をして記録をもっとちぢめていきたい」、「まさか日本記録が出るとは思わなかったが、嬉しかった。」、「初めての日本新記録に非常にびっくりした。非常に良いレースだったと思う」などとの感想をいただきました。

トロフィーと表彰状の写真表敬訪問の様子の写真

野村選手と松田選手は、日本知的障害者水泳連盟の育成選手でもあります。

この4人の選手の今後の活躍を皆さんも応援しましょう。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。