市長コラム「手をつなぐ樹」第335号 オール調布の快挙

2019年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

オール調布の快挙

 この快挙をご報告できることがなんと嬉しいことだろうか。
 第10回中学生東京駅伝大会。今年も東京23区、26市および瑞穂町の都内50自治体において選抜された中学2年生が、味の素スタジアムに隣接するアミノバイタルフィールドを起終点に、それぞれのまちの期待を背に、男女別に激走して覇権を競った。
 わが調布市チームは、昨年見事に男女とも過去最高タイムを記録して特別賞を受賞した。順位は男子17位、女子15位で、合計タイムの総合では17位だった。中学2年生の生徒数では、調布市は参加50自治体中21番目に位置するから17位は健闘と言える。
 そして今年の大会。なんと男子が11位に食い込み、女子は男女通じて初のベスト10入りとなる8位入賞を果たしたのだ。総合でも11位でタイム、順位の全てにおいて過去最高を記録した(註)。
 この結果は、決して偶然もたらされたものではない。一昨年からの選抜予選会の実施、合同練習、西調布に合宿所を有する箱根駅伝のシード校、拓殖大学によるご指導。これらが結実した成果なのだ。公立8校に加えて市内私立中学校も予選会に参加していただき最強チームが編成できているのも喜ばしいことだ。
 今後、これ以上の成績を期待するのは容易ではないだろうが、次に続く選手たちにも目標を高く持って頑張ってもらいたい。

調布市長 長友貴樹

(註)タイムは、男子2時間23分53秒(2時間25分37秒)。女子1時間54分12秒(1時間56分31秒)。括弧内は昨年度。また女子では、晃華学園鈴木詩万(しま)さんが、2.5キロを走った300選手中9位で敢闘賞を受賞(女子は全16区間中、10区間が1.5キロ。6区間が2.5キロ)。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。