(4月2日発表)トンガと日本

2019年4月4日 登録

ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会に向けて

調布市国際交流協会では、元ラグビー日本代表シナリ・ラトゥ氏をお招きし、「トンガと日本」と題して講演会を開催します。

いよいよ本年9月20日(金曜日)調布市にある東京スタジアムで、ラグビーワールドカップの開会式そして開幕戦が行われます。ラグビーは他の競技と異なり、国籍が国の代表選手の条件とはされていません。まさに多様性を象徴する競技です。大会を半年後に控え、市民の機運を盛り上げるとともに、少しでもラグビーに親しんでいただくため講演会を開催します。

日本のラグビー界ではトンガ出身の選手が大勢活躍しています。シナリ・ラトゥ氏は、その先駆けであり元ラグビー日本代表としてワールドカップにも1987年の第1回大会から3大会連続で出場しています。また留学していた大東文化大学では、2度の大学選手権優勝に貢献するとともに、卒業後は三洋電機に入社し活躍をされました。現役引退後は、大東文化大学ラグビー部の監督も務められるなど、日本ラグビー発展に努めてこられました。現在、埼玉県のラグビーアンバサダーとして、熊谷市で開催されるワールドカップの広報活動に協力されています。そんなラトゥ氏がトンガ王国、トンガと日本との交流、そしてラグビーについて語ります。

日時

4月13日(土曜日) 午後1時30分開場 午後2時から4時

場所

調布市文化会館たづくり12階大会議場

講師

シナリ ラトゥ氏
(パナソニック、大東文化大学でプレー)
(元ラグビー日本代表32キャップ、ラグビーワールドカップ3大会出場)

定員

150名(定員になり次第 締め切ります)

参加費

無料

申し込み・問い合わせ先

調布市国際交流協会(外部リンク) 電話 042-441-6195
(ホームページ・来所での申し込み可)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。