固定資産に関する変更が生じた場合の届出

2022年10月1日 更新

調布市内に所有の固定資産に関する変更が生じた場合は、市役所に連絡・届出が必要なものがあります。書式については、ダウンロードから印刷できます。

納税義務者が死亡した場合

納税義務者が死亡した場合は、次の届出書の提出が必要です。

  • 相続人代表者届出書

家屋を取り壊した場合

課税対象となっている家屋を取り壊した場合はEメールまたは電話にてご連絡ください。連絡の際は次の情報をご用意ください。

  • 納税義務者の氏名 (納税通知書記載のお客様番号)
  • 取り壊した家屋の所在地

未登記家屋の所有者を変更した場合

未登記家屋の所有者が売買や相続により変更した場合は、次の申請書、添付書類の提出が必要です。

  • 家屋補充課税台帳登録事項変更申請書
  • 印鑑証明書(原本)
  • 所有権移転を確認できる書類(遺産分割協議書など)の写し

納税通知書の送付先が変更となった場合

転居などによって納税通知書等の送付先が変更となった場合は、次の届出書の提出が必要です。

ただし、調布市市民課で住所変更を行った場合は提出の必要はありません。

  • 固定資産税・都市計画税送付先変更届

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

市民部 資産税課
電話番号:042-481-7205~9
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。