(4月23日発表)白鳳三仏初展覧「寺宝に刻まれた元号」

2019年4月24日 登録

新元号「令和」は万葉集から選ばれました。万葉集は深大寺の創建の時代と重なります。国宝・深大寺釈迦如来像は、創建より前の白鳳(飛鳥時代後期)を代表する仏像で、やさしい微笑みをたたえています。今回、深大寺釈迦如来像と共に、新薬師寺香薬師像と法隆寺夢違観音像のお身代わりを一緒にご覧いただけます。

また、深大寺には板碑など元号が刻まれている文化財が伝わっています。令和改元記念として公開いたしますので、ぜひお越しください。

開催概要

会期

平成31年5月1日(水曜日)から11日(土曜日)まで
午前10時から午後4時まで
(注)期間中、法要等によりお入りいただけない時間帯がございます。
(注)5月3日(金曜日)は本堂にお入りいただけません。

会場

深大寺本堂・書院・釈迦堂

入場

文化財保存協力金にご協力をお願いいたします。(高校生以下は無料)

  • 本堂のみもしくは釈迦堂のみ 300円
  • 本堂・釈迦堂共通 500円

主催

深大寺
電話番号 042-486-5511

協力

調布市郷土博物館、調布市西部公民館

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。