FIVBバレーボールネーションズリーグに出場する日本代表選手らが市長を表敬訪問

2019年5月9日 登録

国際大会に向けて市長を表敬訪問

5月7日、嶋岡健治会長をはじめとする、日本バレーボール協会の皆さんが6月7日から市内武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されるFIVBバレーボールネーションズリーグ2019男女東京大会に向けて市長を表敬訪問しました。表敬訪問には日本代表チームの選手代表として、柳田将洋選手と岩坂名奈選手、そして男子代表チームの中垣内祐一監督、女子代表チームの中田久美監督、寺廻女子強化部長も来庁しました。

表敬訪問参加者の集合写真

今大会は令和になってはじめての国際大会です。嶋岡会長からは、「過去には天皇杯や春高バレー、Vリーグのファイナルを武蔵野の森総合スポーツプラザという素晴らしい会場で開催してきました。今大会は男女ともにブラジル、それから女子ではセルビアという去年の世界大会で優勝しているトップチームが参加するもので、そういった世界トップレベルの選手たちを観るのも一つの楽しみ方だと思います。また、来年に向けた大事な大会の一つとなります。今日来庁した選手たちは東京2020大会でも中心となります。ぜひ多くの市民の方々に応援してもらいたいです。」との言葉をいただきました。

表敬訪問中の写真

市長からは、「今大会には、市民招待枠も設けていただいており、迫力のある生の試合を子どもたちを含むより多くの人に観てもらいたい」と話しました。

市長と日本代表監督及び選手の写真

今大会は市報5月5日号などでお知らせした市民招待枠のほか、中学生以下はスタンド自由席での観戦が無料になりますのでぜひみなさん会場で日本チームを応援しましょう。

関連リンク(外部リンク)

公益財団法人日本バレーボール協会(外部リンク)

調布市体育協会ホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。