市立深大寺小学校児童が田植えを体験

2019年5月20日 登録

都立神代植物公園分園の水生植物園で田植えを体験

都立神代植物公園では、農作業を通して稲や水田、環境保全に関心を持ってもらうことを目的に、分園である水生植物園の田んぼで、地元の市立深大寺小学校の児童たちに田植えを体験してもらっています。
田植えが行われた5月15日は爽やかな気候の中、市立深大寺小学校の4年生が田植えを体験しました。

おそるおそる田んぼに入る児童の写真横一列に苗を植えていく様子

田植えの仕方についての説明が終わると、児童たちは靴下姿で田んぼの中へ。児童たちは慣れない田んぼの中を必死で歩いて稲を植える場所に移動します。時には田んぼに足をとられ転んでしまう児童もいましたが、周りの児童たちから「頑張れ」、「行け。行け。」など声援が送られ、にぎやかな雰囲気の中で児童たちは田植えを体験しました。

植えるときのコツを聞きながら取り組む児童たちの写真泥んこになりながら苗を植える児童たちの写真

綺麗に苗が植えられた田んぼの写真

田植えが終わった児童に感想を聞くと「田んぼに入っていくほど深くて、うまく歩けなかった。」「泥んこになってしまって思ったより難しかったけど、楽しかった」と話してくれました。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。