調布市基本計画策定に関する市民アンケート調査報告書(平成30年度版)

2019年5月20日 登録

調布市基本計画策定に関する市民アンケート結果

平成27年度から平成30年度までを計画期間とする調布市基本計画(修正基本計画)が平成30年度に最終年度を迎えるため、令和元年度から令和4年度までを計画期間とする調布市基本計画の策定に向けた取組として、基本計画の検討内容などに関して、市民の日頃の意識や行動をうかがい、計画づくりと市政運営に活用することを目的に、アンケート調査を実施しました。

本調査では無作為に抽出した満16歳以上の3,000人の市民を対象に、主に以下の項目について調査を行い、調査結果を報告書にまとめました。

  • 平成30年12月に公表した後期基本計画(素案)に新たに位置付ける5つの重点プロジェクトに関し、優先的に実施すべき取組内容
  • 「防災」「地域福祉」「図書館、公民館などの利用状況・満足度」「住環境」「スポーツ振興」「健康づくり」「公園・公衆トイレ」「道路・交通」の8分野に関して、市民の日頃の意識や行動、新たに位置付けるまちづくり指標の現状値

なお、この調査報告書は、公文書資料室(市役所4階)、地域福祉センター、図書館、公民館等の施設で配架及び希望者には配付をします。

  • 実施期間 平成30年12月28日(金曜日)から平成31年1月18日(金曜日)まで
  • 対象者 市内に在住する満16歳以上の市民から3,000人を無作為抽出
  • 実施方法 郵送による調査票の配布、返信用封筒による回収
  • 回収率 38.4パーセント(配布数3,071、回収数1,178)

アンケート結果例

問 「防災・防犯の面で安全・安心に暮らせるまち」づくりのうち防災に関する取組について、今後の市の取組として、どれを優先的に取り組むべきだと思いますか。

「防災に関する取組」アンケートの結果
順位 項目 割合
1位 学校施設などの避難所機能の向上 46.1パーセント
2位 災害時の避難に配慮や支援を要する方々への支援体制づくり 41.2パーセント
3位 災害に強い都市基盤整備 39.5パーセント
4位 自宅や自治体等における水、食料、トイレなど非常時の備蓄の促進 36.6パーセント
5位 災害時の情報収集・発信体制の整備 35.2パーセント

(注)複数回答可の設問のため、割合の合計は100パーセントになりません。 

問 「防災・防犯の面で安全・安心に暮らせるまち」づくりのうち防犯に関する取組について、今後の市の取組として、どれを優先的に取り組むべきだと思いますか。

「防犯に関する取組」アンケートの結果
順位 項目 割合
1位 防犯カメラの設置 63.8パーセント
2位 通学路の安全対策 46.7パーセント
3位 地域主体の見守り・パトロールへの支援 35.7パーセント
4位 住宅の防犯対策の促進 33.7パーセント
5位 青色回転灯パトロールカーの巡回 29.2パーセント

(注)複数回答可の設問のため、割合の合計は100パーセントになりません。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。