都立神代植物公園の春のバラフェスタが行われる

2019年5月27日 登録

春のバラフェスタ

都立神代植物公園(深大寺元町5-31-10)のばら園では、春バラが咲き、多くの人で賑わっています。

薔薇が満開の神代植物公園の写真薔薇のゲートの写真

車いすに乗る祖父を押しながら薔薇を見る子どもの写真

約400品種5,200株のバラを栽培するばら園は、現代バラが見られるバラ園本園、野生種・オールドローズ、国際バラコンクール花壇などで構成されています。
バラ園本園の庭園様式は、バラの香りを施設に閉じ込めるために、庭園中央部低く左右対称に整形したサンクスガーデン(製形式沈床式庭)と呼ばれるものです。

神代植物公園の全体写真色とりどりの薔薇の写真

真っ赤な薔薇の写真淡いピンクのバラの写真

見事に咲くバラの写真咲き乱れるピンクのバラの写真

国際バラコンクール花壇のパラの写真紫のバラの写真

バラには華やかな強い香りのダマスク系や紅茶の香りの特徴を感じることのできるティー系などの7種類の香りがあります。特にオールドローズの花壇にあるラ・フランスと言う品種のバラは、ハイブリットティー系の第1号で最初の現代バラとなった記念すべき品種です。

ラ・フランスのバラの写真

ばら園を訪れた皆さんは、赤や黄色などの色鮮やかな春バラをカメラに収めたり、様々な種類のバラの香りを楽しんでいました。また、バラにちなんだソフトクリームも販売されていて、冷たいアイスクリームの販売では長蛇の列ができていました。

ピエール・ドゥ・ロンサールの写真真っ白に咲くバラの写真

アイスクリーム販売の列に並ぶ来園者の写真バラフェスタを楽しむ親子の写真

神代植物公園には、平成21年度コンクール四季咲き大輪金賞受賞花のクイーン・オブ・神代という品種のバラがあります。落ち着いた赤色の花弁は、バラの華やかさに加えて、落ち着きと品格が感じられる、気品溢れるバラでした。

「クイーン・オブ・神代」の写真

春のバラフェスタ開催概要

令和元年5月8日(水曜日)から令和元年6月9日(日曜日)
午前9時30分から午後5時まで(最終入園は午後4時まで)

(注)5月13日(月曜日)・20日(月曜日)・27日(月曜日)・6月3日(月曜日)は休園日

関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ令和元年5月20日号)「「春のバラフェスタ」ダイジェスト」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。