ゲゲゲの鬼太郎デザイン マンホールカードを8月7日から配布

2019年9月9日 更新

  • Facebook
  • Twitter

ゲゲゲの鬼太郎デザイン、マンホールカードの配布を始めました

日頃、あまり気にかけない縁の下の力持ちである下水道のことを、より身近に感じていただくために、市民の皆様と接点のあるマンホール蓋がカードとなって平成28年4月より発行されていたことをご存知でしたか。

この度、令和元年8月の第10弾発行分で調布市も当選し、8月7日よりマンホールカードの配布を始めました。
マンホールカードの画像

(C)水木プロ

  • マンホールカードとは
    下水道を市民の皆様に親しんでいただくため、下水道広報プラットホーム(GKP)が企画・監修するご当地コレクションアイテムです。平成28年4月に第1弾が発行されて以来、段階的に参加自治体が増加し、令和元年8月7日発行の第10弾で、全国455自治体、539種類のカードがあります。
    下水道広報プラットホーム(GKP)(外部リンク)
  • 配布開始日
    令和元年8月7日(水曜日)
  • 配布場所及び配布時間
    平日 市役所2階総合案内所(9月9日より2階ごみ対策課臨時窓口から変更になりました)
    午前9時から午後5時まで
    土曜日、日曜日、祝日 調布市観光案内所「ぬくもりステーション」
    (東京都調布市布田4-1 調布駅前広場内)
    午前9時から午後4時まで
  • 現地に足を運んでいただくことで、下水道事業へ関心を持っていただくことや観光振興につなげることをカード配布の目的としているため、郵送での配布、予約は行っていません。 
  • お一人様1枚限りのお渡しとなっていますのでご了承ください。 
  • 在庫について
    在庫あり
    (注)在庫がなくなりましたら、お知らせいたします。

なぜ、鬼太郎のデザインにしたの

平成28年、故水木しげる先生の代表的なキャラクター「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフに、調布駅周辺のマナー向上のため株式会社水木プロダクションがデザインした、6種類のデザインマンホールを調布駅前広場北側から甲州街道までの歩道に設置しました。
配置図(331KB)(PDF文書)
故水木しげる先生とゆかりが深い調布市ならではのデザインマンホールで、放置自転車の禁止など、マナー向上を訴えたキャラクターがデザインされている、全国でも珍しいマンホール蓋です。

全国で知名度が高いゲゲゲの鬼太郎のデザインを使用することで、より多くの方に調布市のこと、下水道のことについて知るきっかけになると思いこのデザインを使用することにしました。

関連リンク

水木マンガの生まれた街 調布

調布市役所

調布市観光案内所ぬくもりステーション


このページのお問い合わせ先

環境部 下水道課

電話番号:042-481-7228~31
ファクス番号:042-481-7550
メールアドレス:gesui@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ