和食だし特別メニュー(富士見台小学校)

2019年7月1日 登録

関西風・関東風だしの違いを味わおう

富士見台小学校では、オリンピック・パラリンピック教育の一環として、日本が世界に誇る「だし」に注目した献立を取り入れています。当日の献立は冷やしつけうどんです。昆布が中心の「関西だし」とかつお節が中心の「関東だし」をとり、2種類のつけ汁を用意しました。

各学級へはだしの実物を使った掲示物を配布しています。児童は何をだしに使っているのか、味にはどんな違いがあるか、その違いを感じながら給食を食べました。

給食の様子だしのとり方の違いを示した画像

当日の献立

  • 冷やしつけうどん
  • 関西風だし(右下)
  • 関東風だし(左上)
  • 紅生姜天
  • かきあげ
  • 抹茶蒸しケーキ
  • 牛乳

当日の献立の写真

紅生姜天は関西で親しまれている料理です。だしと一緒に、日本の食文化の多様性を楽しみました。

また、当日2年生には学校で収穫された梅を使ったゼリーが提供され、栄養豊富な旬の梅を味わいました。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 学務課
電話番号:042-481-7473~6
ファクス番号:042-481-7739
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。