市長コラム「手をつなぐ樹」第342号 全員の協力を願い

2019年7月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

全員の協力を願い

 本年3月26日に公布された調布市受動喫煙防止条例が、7月1日に施行の日を迎えた。
 その目的は、当然ながら受動喫煙による健康への悪影響から市民等(註1)を守るとともに、受動喫煙及び喫煙による身体への悪影響等に関する啓発及び教育を行うことにより、次代を担う子どもたちをはじめ誰もが健康に暮らせるまちを創ることにある。
 具体的取り組みとしては、条例及び施行規則において、大部分の市立施設における喫煙を禁止する(註2)とともに、受動喫煙の防止を図る必要があると認める路上、駅前広場などを路上等喫煙禁止区域として指定している。また、必要な指導、命令を行うための路上等喫煙防止指導員を置くことができると規定するほか、条例施行後の状況を見極めた上で、今後、規定違反者に過料を科すことも視野に入れるなど、従来の対策を大幅に強化する内容となっている。
 これまで喫煙者に対しては、喫煙マナーを順守するよう再三、要請してきたところだが、残念ながら著しい改善に結び付けることは難しかった。本条例により市民等の健康維持やまちの美化に顕著な効果が表れることを期待している。
 そのためにも調布市民のみならず、すべての方のご協力を心からお願いする次第です。

調布市長 長友貴樹

(註1)市内に居住し、もしくは滞在し、または市内を通過する者。
(註2)その他、学校や児童福祉施設に隣接する路上での喫煙も禁止。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。