(7月17日発表)東京2020応援プログラム(祭り)「調布サマーフェスティバル2019」

2019年7月18日 登録

昨年の様子の写真

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催1年前イベント

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、「東京2020大会」という。)の開催1年前に当たる7月24日(水曜日)に東京2020大会に向けた機運醸成・競技普及啓発等を目的に、調布市が競技会場となる様々なスポーツの体験などが楽しめるカウントダウンイベントを開催します。
フィナーレには花火の打ち上げを行います。

イベント名

東京2020応援プログラム(祭り)「調布サマーフェスティバル2019」
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催1年前イベント

日時

令和元年7月24日(水曜日)午後4時から7時30分(荒天中止)

場所

東京オーヴァル京王閣(調布市多摩川4-31-1)

費用

無料

主な内容

  1. 午後4時から5時 パラアートワークショップ
  2. 午後4時から7時20分 スポーツ体験(車いすバスケットボール・ボッチャ体験・ラグビーアトラクション体験など)、調布市応援アスリート指定セレモニー(パラローイング強化指定選手・有安諒平選手)アスリートトークショー、縁日・キッチンカー
  3. 午後5時30分から7時 東京五輪音頭-2020-盆踊り
  4. 午後7時25分頃 花火の打ち上げ(5分程度、約100発)

(注)当日は体験コーナー等でスタンプラリーを行います。スタンプを全て集めた方には記念品をプレゼントします。

問い合わせ

調布市生活文化スポーツ部オリンピック・パラリンピック担当

電話 042-481-7581
ファクス 042-481-6881
Eメール  chofu_oly@w2.city.chofu.tokyo.jp

調布市応援アスリートについて

調布市応援アスリートとは

ラグビーワールドカップ2019日本大会、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と2年連続して市内で行われる国際大会開催に伴い、スポーツに対する市民の関心の高まりを捉え、調布市にゆかりの現役アスリートを、市をあげて応援させていただくとともに、市内のイベントに御協力をいただきながら、アスリート自身や競技について市民の理解を深めていただき、大会終了後も応援を続けることで、一層のスポーツ振興や大会に向けた機運醸成に繋げることを目的とした制度です。

今回指定選手

有安 諒平選手(調布市在住・杏林大学医学研究科)

東京都が行う「東京アスリート認定選手」に指定されており、今年の世界選手権(オーストラリア)出場も決定。
また、6月末に行われたタイムレースでも基準をクリアし、日本代表に選出されています。
調布市が行う「調布市応援アスリート」でパラ選手が指定されるのは、車いすバドミントンの「山崎悠麻」選手に続いて2人目です。

競技 パラローイング(ボート競技)
指定日 令和元年7月24日(東京2020オリンピック開催1年前)

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:042-481-7447
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。