ミサワホーム株式会社及び株式会社ミサワホーム総合研究所と空き家予備軍アプローチ手法構築プロジェクトに関する協定を締結

2019年8月21日 登録

調布市は、「ミサワホーム株式会社」及び「株式会社ミサワホーム総合研究所」と空き家予備軍アプローチ手法構築プロジェクトに関する協定を令和元年8月19日に締結しました。

調布市内における空き家の発生を未然に防止すること及び空き家予備軍に対するアプローチ手法の構築を通じて、相互に連携し、さらなる空き家問題の解決を図る取組を進めていきます。

なお、本事業は東京都「令和元年度先駆的空き家対策東京モデル支援事業」に採択され、10分の10補助で事業を推進します。

協定式の写真

協定名

住まいのライフサイクルを通じた空き家予備軍アプローチ手法構築プロジェクトに関する協定

事業概要

  1. 調布市の空き家施策における基礎データの収集・分析
  2. 事業構築を目的とした提案、検討結果に基づく調査及び事業の実施
  3. 事例構築、ケーススタディ、課題解決のスキーム考案
  4. 成果報告、啓発事業、情報公開等に必要な業務

関連情報

ミサワホーム株式会社からのプレスリリース内容(451KB)(PDF文書)

調布市からのプレスリリース内容(369KB)(PDF文書)

官民連携の試験的事業

協定式の集合写真

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 住宅課 空き家施策担当
電話番号:042-481-7817
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。