市長コラム「手をつなぐ樹」第346号 いざ、ファンゾーン

2019年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

いざ、ファンゾーン

 今月20日金曜日、いよいよラグビーW杯日本大会が開幕の日を迎える。わが東京(味の素)スタジアムに世界強豪20カ国が集い開会が宣言されるわけで、誠に心の沸き立つ思いだ。
 そして、11月2日の横浜国際総合競技場における決勝戦まで、全国12会場で48試合が挙行されるが、東京には最多の8試合が割り当てられ、その中に準々決勝2試合と3位決定戦までもが含まれている。
 そこで、入手困難な観戦チケットを幸運にも確保された方はスタジアムで熱戦を堪能されるわけだが、それ以外の方で今大会に関心をお持ちの皆さんには、以前からお知らせしているように調布駅前で開催されるファンゾーン(註1)にぜひ足を運んでいただきたい。
 日程については2面で紹介のとおり、東京で試合のない日も含めて18日間の開催となる。内容としては、グリーンホールおよび駅前広場の屋内外両方で迫力ある大画面のパブリックビューイングを行うとともに、ラグビー体験やトークショーなどのステージパフォーマンス、関連グッズの販売などの盛り沢山な企画が用意されている。もちろん屋外では出場国にちなんだ美味しい料理などの飲食も可能となる。
 アジアで初めての開催となる世界最高峰のラグビーの祭典を心ゆくまでお楽しみ下さい。(註2)

調布市長 長友貴樹

(註1)23区内では有楽町(東京スポーツスクエア)、多摩地域では調布駅前のみで開催。
(註2)それに先立ち、9月6日(金曜日)午後5時から調布駅前広場で、「リポビタンDチャレンジカップ2019 日本代表対南アフリカ代表」のパブリックビューイングが開催される。ゲストによる試合解説のほか、ラグビー強豪国の名物料理などを楽しめる。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。