小・中学生のおもてなしボランティアが外国人へインタビュー

2019年10月18日 登録

調布駅前広場で行われているファンゾーンin東京で実施

9月28日、小学生12人と中学生3人がおもてなしの一環として、ラグビーワールドカップ日本大会を観戦するために来日し、ファンゾーンin東京に来ていた外国人にインタビューを行いました。

男性にインタビューする女の子2人組の写真男性にインタビューする男の子の写真

参加してくれた小・中学生は、夏休みに、調布を訪れる外国人をおもてなしできるようになることを目標に、国際交流協会が実施した英語体験事業「調布でおもてなし 夏休み・小学生編、中高生編」に参加して英語を学び、この日のインタビューに臨みました。

インタビューを行った小・中学生は、最初は緊張した様子で、事前に用意した英語の質問の発音を念入りに確認していました。
最初は声を掛けるのをためらっていましたが、インタビューを重ねるうちに、どんどん自分から声を掛けられるようになり、たくさんの外国人から話を聞くことができました。

英語の発音を確認している女の子たちの写真男性にインタビューする女の子2人組の写真

日本のラグビージャージを着た男性にインタビューする男の子2人組みの写真

小・中学生が「どこの国から来ましたか」「日本での滞在を楽しんでますか」「ラグビーの試合を見ましたか」「調布の深大寺に行きましたか」などを質問すると、笑顔で「ラグビー観戦と日本での滞在を楽しんでいる」と答えていました。そして、小・中学生は、インタビューをした方から「英語が上手」と褒められると嬉しそうでした。

インタビューした男性と笑顔の女の子2人と男の子の写真ウェールズから来た男性と女の子の写真

オーストラリアから来た夫婦にインタビューした女の子の写真ラグビー観戦のためにファンゾーンに来場した夫婦と女の子の写真

ラグビーワールドカップをきっかけに、小・中学生はファンゾーンでの国際交流を楽しむことができました。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。