FC東京の選手たちが商店会を巡回

2019年10月3日 登録

FC東京の選手が商店会巡回

10月2日、FC東京の選手の皆さんが、日ごろからチームを応援している商店会を巡回し、商店会へのあいさつやサイン会を行いました。この取り組みは、より深くホームタウンである東京に根差したクラブを目指し平成13年から行われていて、今回で18回目となります。

松葉茶屋前で記念撮影している写真深大寺を散歩する選手の写真

八起前で記念撮影をしている写真散歩中の犬と触れ合う選手の写真

深大寺の蕎麦屋さんで記念撮影をしている写真商店街の方と一緒に写る選手の写真

調布市では、林彰洋選手と鈴木喜丈選手が、深大寺そば組合、つつじヶ丘商店会、西調布振興会に。

そして、丹羽大輝選手と内田宅哉選手が、天神通り商店会、上布田商栄会、調布中央商店会、不動商店会、布田南商店会を訪問しました。

選手たちは、訪問先のお店の方とリラックスした様子で話し、日ごろの支援へのお礼を伝えるとともに、サインや記念撮影に応えて、充実した時間を過ごしていました。

商店街のお店の少年と触れ合う選手の写真商店街のお店の姉妹と一緒に写る選手の写真

店主と対話する選手の写真お店のみんなと一緒に写真を撮る選手の写真

清風堂の前で店主と触れ合う選手の写真

緊張しながらも「どうやったら体が大きくなりますか?」と質問する子どもや、「将来はFC東京の試合を実況したい」と自身の夢を話す方など、憧れの選手たちと会うことができた皆さんの表情の輝きがとても印象的でした。

また、地元のお店の方々や集まったファン・サポーターから熱い激励を受けている選手たちを見て、地域に愛されているチームだということを改めて感じました。

サイン会に来てくれた子どもと一緒に写真に写る選手の写真サポーターと一緒に写真に写る選手の写真参加した子どもから選手宛への手紙の写真子どもとハイタッチする選手の写真

FC東京は、2019明治安田生命J1リーグで、現在1位をキープしています。
今はアウェイでの試合が続いていますが、遠方のスタジアムへ応援に行けない方も、このまま優勝できるように、ホームタウンである調布市からFC東京の皆さんへ声援を送りましょう。
 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。