市長コラム「手をつなぐ樹」第348号 前触れなき打診

2019年10月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

前触れなき打診

 その電話が突然掛かってきたのは7月頃だったという。内容はラグビーW杯で来日するフランス人を多数受け入れてくれないかという打診。市内フランス料理店の店主は戸惑われたという。それはもっともだ。まるでエイプリルフールのような話をにわかに信じてよいものか。
 私はこの話を直接店主から伺い質問した。「それでどうしたんですか」「相手を確認しようとこちらから電話してみたところ、どうもフランス大使館関係者に間違いないようなのでお受けすることにしました」。
 東京(味の素)スタジアムでフランス対アルゼンチンの熱戦が繰り広げられたのは9月21日。当日の昼には予約通りなんと40人ほどのフランス人が来店し、貸し切り状態の中で試合前からワインを飲みつつ大いに盛り上がったとのこと。リクエストされたボルドーに因む料理付きで。さらに、大接戦の末、見事勝利を収めたあとには約半数のサポーターが午後7時過ぎに再度来店し、10時ごろまで勝利の美酒に酔いしれたそうだ。
 大会前からある程度予期していた国際交流がこのような形で実現していることを知って、本当に嬉しい限りだ。店には訪れたサポーターが楽しそうに時を過ごした写真が多数残された。
 トラブルや事故の無い中で、国の垣根を越えた草の根の交歓の輪が広がることを心から期待したい。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。