(10月21日発表)調布市武者小路実篤記念館 秋の特別展「長與善郎と実篤」

2019年10月23日 登録

展覧会概要

「長與を友に持つことを誇りにする」 (武者小路実篤)

作家・長與善郎(明治21年から大正10年)は、学習院で武者小路実篤の後輩にあたり、在学中に実篤が自費出版した作品集「荒野」を読んで感銘を受け、自らも創作を始めました。
代表作に「盲目の川」「項羽と劉邦」「青銅の基督」「わが心の遍歴」などがあり、その作品は思想性が高く、白樺同人の中でも実篤に最も近いと言われます。
本展覧会では、調査によって新たに確認された資料を含め、原稿や執筆資料、書画、愛蔵美術品など多彩な資料でその生涯と作品、白樺同人との交友を紹介し、書簡や日記などから生涯強い信頼で結ばれた実篤との友情を読み解きます。

会期

令和元年10月26日(土曜日)から12月15日(日曜日)まで

主な展示作品

(注)その他展示品の写真提供が可能です。

実篤と長與善郎の写真

「実篤と長與善郎」

昭和20年代(左から実篤、長與善郎)

「我が心の遍歴」原稿(個人蔵)の画像

「我が心の遍歴」原稿(個人蔵)

昭和32年から昭和34年(雑誌掲載年) 長與の自叙伝

「重光」創刊号の画像

「重光」創刊号 昭和7年11月

長與と実篤の二人雑誌

展示解説

日時

令和元年11月17日(日曜日)、12月13日(金曜日) 
(注)両日ともに午後1時30分から45分間程度

解説

伊藤陽子(本展覧会担当学芸員)

会場

実篤記念館

参加費

無料

申し込み

不要 当日直接会場へ

問い合わせ先

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

郵便番号 182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
電話 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。