マイナンバーカードを利用した税証明のコンビニ交付サービス

2020年2月5日 更新

税証明のコンビニ交付の開始について

平成30年8月から住民票の写し等のコンビニ交付が開始されましたが、令和2年2月5日から課税(非課税)証明書、所得証明書が発行できるようになりました。

コンビニ交付サービスとは

コンビニ交付サービスとは、マルチコピー機が設置されているコンビニエンスストアで、マイナンバーカードを利用して、各証明書を取得できるサービスです。
 (注)コンビニ交付サービスを利用するためには4桁の数字の暗証番号(利用者証明用電子証明書)を搭載したマイナンバーカードが必要です。マインナンバー通知カード(紙製のカード)、住民基本台帳カード、印鑑登録証・調布市民カードではコンビニ交付サービスは利用できません。

マイナンバー通知カード、住民基本台帳カード、印鑑登録証兼調布市民カードのイラスト

証明書の発行できる方

1月1日時点で調布市に住民登録があり、コンビニ交付利用時に市内に住民登録のある方。

利用方法

  1. マイナンバーカードを持参してマルチコピー機を設置しているコンビニに向かいます。利用者証明用電子証明書の暗証番号入力が必要になりますので、お忘れの方は、マイナンバーカード交付時にお渡しした暗証番号記載票をご確認ください。
  2. タッチパネルのメニューから「行政サービス」をタッチしてください。
  3. 画面の案内に従って端末の操作を行ってください。証明書の交付手続きは、店舗従業員を介さずにご自身でマルチコピー機の操作を行います。手数料はマルチコピー機のお金の投入口に入金します。

利用時間

午前6時30分から午後11時まで(土曜日・日曜日・祝日も利用できます)
(注)年末年始(12月29日から1月3日)とシステムメンテナンスによる休止日を除きます。

手数料

1通200円
窓口交付の手数料と同額です。

注意事項

  1. 取得した証明書について返金、差し替えはできません。 画面をよくご確認のうえ、操作してください。
  2. 最新年度分の証明書のみ発行となります。
  3. マイナンバーカード申請時に利用者証明用電子証明書の搭載を不要とされた方はコンビニ交付サービスを利用できません。サービスを利用するためには、ご本人がマイナンバーカードを持参して、市役所市民課または神代出張所で、利用者証明用電子証明書を設定する手続きが必要となります。
  4. 暗証番号の入力を3回間違えると、ロックがかかり、使用できなくなります。その場合はご本人が市役所市民課または神代出張所にマイナンバーカードと本人確認資料を持参して、暗証番号の初期化の手続きが必要になります。
  5. マイナンバーカードの交付を受けた日は、コンビニ交付サービスをご利用いただけません。翌日からご利用いただけます。
  6. マイナンバーカードに搭載した利用者証明用電子証明書の暗証番号の有効期限は、マイナンバーカードを発行した日から5回目の誕生日までです。引き続きサービスをご利用いただくには、市役所市民課または神代出張所の窓口での更新手続きが必要です。
  7. マイナンバーカードをお持ちの方が、他の市区町村から転入された場合、コンビニ交付サービスを利用するためにはマイナンバーカードの継続利用手続が必要です。

コンビニ交付のセキュリティ対策

  1. 店舗内のマルチコピー機を自ら操作して証明書を取得できるので、個人情報が他人の目に触れることはありません。
  2. 証明書の取得は、専用のネットワークを使用し、通信内容の暗号化及び証明書取得後のデータを残さないようにすることにより、個人情報漏えい対策を実施しています。
  3. 証明書は偽造・改ざん防止処理を施して印刷しています。
  4. マルチコピー機の画面表示や音声案内により、マイナンバーカード及び証明書の取り忘れ防止対策を施しています。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民税課
電話番号:042-481-7191~7
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。