調布市戦争体験映像記録事業にご協力いただける方を募集

2019年11月26日 更新

(注)今年度の募集は終了いたしましたが、来年度以降も引き続き募集します。

調布市では、戦争を体験された世代が年々少なくなっているなか、戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に語り継ぐため、戦争を体験された市民の方々のお話をDVDに収め、記録し、保存していく事業を行っております。制作したDVDは市内図書館に配架し、どなたでもご利用いただけます。

令和元年度 戦争体験映像等記録事業概要

目的

平和啓発用資料を制作することにより、若い世代に平和について考える機会を提供する。
さらに、平和啓発用資料を広く活用することで、戦争の悲惨さや平和の尊さを次の世代に語り継ぐ。

概要

戦争体験者が自身の体験談を語っている様子と、令和元年度広島平和派遣報告会の様子を撮影し、記録映像を制作する。完成したDVDは、市内図書館に配架・市内小中学校等に配布し、戦争を知るための資料として広く活用していただく。

撮影

市と業務受託者が行う。収録場所は原則文化会館たづくりスタジオで、インタビュー形式で行う。

編集

完成品の映像はより視聴者が視聴しやすいものにするため、戦争体験者1人につき15分程度に編集する。編集は市と業務受託者のみで行う。

完成物の使用

完成した映像資料は平和学習の資料とするため、市内公共施設及び市内小中学校への配布・貸出をはじめ、営利を目的としない平和祈念事業の会場等での放映等で使用する。

完成物の複製、再編集

映像資料が完成した後、市が必要と判断した場合、改めて複製の作製、再編集による新たな映像作品の制作を行う。(注)完成物の著作権は市にあるものとする。

戦争を体験された方を募集します

(注)今年度の募集は終了いたしましたが、来年度以降も引き続き募集します。

上記の映像記録に出演してくださる戦争体験者の方を募集します。情報提供もお待ちしています。詳細は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

募集要件

次の3つの要件全てに当てはまる方

  • 市内在住の方で、戦争を体験された方 (注)市外在住でも、市内で戦争を体験された方がいらっしゃいましたらお問い合わせください
  • 市が指定する撮影日にご協力いただける方
  • 特定の政党を支持し、若しくはこれに反対するための政治活動等に参加していない方

その他

謝礼や交通費等のご用意はありませんので、予めご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。