(12月5日発表)実篤公園の紅葉が見頃

2019年12月6日 登録

実篤公園の紅葉の写真紅葉の写真

実篤公園の紅葉

調布市実篤公園は、文学者・画家として知られる武者小路実篤が70歳から90歳で亡くなるまでの20年間を暮らした家の敷地を公園としたものです。自然を愛する実篤は、造園などをせずに、もとの雑木林と湧き水の池をそのまま庭としたため、園内には今では残り少なくなった武蔵野の自然が残っています。
実篤公園にはモミジの木があちこちにあり、毎年11月下旬から12月初旬にかけてみごとな紅葉が楽しめ、今年も12月に入って見頃を迎えました。

下の池の周辺では、水面に紅葉が映り、赴きある風景を作り出しています。
公園内に残る旧武者小路実篤邸(登録有形文化財)西角の日本間の前のモミジが色づくと、地下道から上を見上げると視界いっぱいに錦秋が広がります。
仙川方面の入口から坂を下りる途中から、お天気が良く雲のない日には、旧実篤邸の屋根とモミジの向こうに富士山が見えることがあります。
上の池周辺では、水面に紅葉の色が映り、東屋の屋根に枝がかかる様子は、賑やかな仙川の街から徒歩10分ほどでありながら、深山の風情です。
光の向きによって見え方が変わり、朝と夕では紅葉も違った表情を見せてくれます。富士山をご覧になりたい方は、空気が澄んだ午前中の早い時間にお出かけ下さい。実篤邸の窓に映る紅葉は、午後三時頃が見頃です。
実篤公園内は斜面地で高低差があるため、場所によって紅葉の進み方に差があり、見頃となる時期が違うので、12月15日前後まで楽しめる見込みです。

(注)現在の紅葉の写真をデータで提供可能です。

実篤公園・武者小路実篤記念館 利用案内

開館時間

午前9時から午後5時

休館・休園日

  • 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
  • 12月29日から1月3日

入場料

大人200円 小・中学生100円(公園のみ利用の場合は無料)

  • 市内在住の65歳以上は無料
  • 市内在住・在学の小中学生は、土曜日は無料パスが使えます
  • 東京ミュージアムぐるっとパス2013」が使えます

交通機関

京王線

つつじヶ丘駅または仙川駅下車徒歩10分

小田急線

成城学園前駅より「調布駅」または「神代団地」行バス
稲荷前下車徒歩5分

ホームページ

武者小路実篤記念館ホームページ(外部リンク)

問い合わせ先

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

182-0003  東京都調布市若葉町1-8-30
電話 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。