調布市一時預かり事業・定期利用保育事業利用料助成事業

2020年2月7日 更新

  • Facebook
  • Twitter

調布市一時預かり事業・定期利用保育事業利用料助成事業

制度内容

調布市では、都単独型一時預かり事業及び定期利用保育事業を利用するご家庭の保育料の負担を軽減するため、利用料助成事業を実施しています。

助成対象者

対象施設を利用する児童の保護者で、次のすべてにあてはまる方が対象になります。

  1. 市内に住所を有している
  2. 保育の必要性の認定を受けている(受けていない場合は、申請が必要です。提出書類については下記をご参照ください。)
  3. 児童が3歳から5歳まで(注)である
  4. 児童が0歳から2歳まで(注)の場合は、市民税非課税世帯である
    (注)平成31年4月1日時点での年齢になります。

保育の必要性について

  • 保育の必要性とは、保護者の就労や疾病など客観的な基準に基づき、家庭での保育が困難であるかどうかを指します。認定手続で御提出いただく保育の必要性が確認できる書類は、以下のとおりです。

保育の必要性及び確認書類
1 居宅外で就労されている方(予定を含みます。) 勤務状況証明書(市指定様式。証明日から3か月以内のもの。就労内定の場合はその証明)
2 自営の方(居宅外自営、親族経営等の自営を含みます。)
  1. 勤務状況申立書 (市指定様式)
  2. タイムスケジュール表 (市指定様式)
  3. 直近3か月の実績がわかる書類
  4. 確定申告書、営業許可証、開業届等のコピー
3 出産前後の方(出産前8週間・後8週間に限ります。) 母子健康手帳のコピー(氏名と出産予定日が記載されているページ)
4 保護者が学校に在学中の方 在学証明書(市指定様式入学予定の場合は合格通知等)
5 保護者が病気の方 診断書(証明日から3か月以内のもの)
6 保護者が障害をお持ちの方
  • 障害による手帳等の交付を受けている方
    身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等のコピー
  • 交付を受けていない方
    診断書
7 保護者が家族等を介護している方
  1. 介護が必要であることがわかる書類(診断書、介護保険証等のコピー)
  2. タイムスケジュール表
8 保護者が求職中の方 不要(ただし、認定日から3か月以内に就職し、勤務状況証明書等の提出がない限り、施設等利用費の支給は3か月分のみ)
9 災害復旧をしている場合
  1. 災害復旧状況等申告書(市指定様式)
  2. タイムスケジュール表 (市指定様式)
  3. 罹災者に対する証明等の発行書類(罹災・被災証明書等)
10 ひとり親の方
  1. 上記書類1から9いずれかの書類
  2. 児童扶養手当、児童育成手当又はひとり親医療証のコピー(提出できない場合は戸籍謄本、離婚届出受理証)

(注)離婚調停中の場合は、調停中であることを証明する裁判所の書類等

11 生活保護受給世帯
  1. 上記1から9のいずれかの書類
  2. 生活保護受給証明書

保育の必要性の認定申請必要書類について

対象期間

令和元年度は、令和元年10月から令和2年3月までの6か月間です。

助成額

  1. 児童が3歳から5歳まで 月額3.7万円まで

  2. 児童が0歳から2歳までの非課税世帯 月額4.2万円まで

    (注)国の無償化対象となる事業と併せて利用する場合は、3.7万円(4.2万円)から、その額を差し引いた額まで補助となります。

    (例)3歳から5歳児が、病児保育事業を利用し、その利用料の1.0万円が無償化となった場合 ⇒ 2.7万円(3.7万円-1.0万円)まで補助となります。

申請から支払いまでの流れ

  1. 助成申請書の配布場所について
    市内認証保育所、市役所3階保育課窓口及び以下の「ダウンロード」でも御利用いただけます。
  2. 助成申請書の提出について
    (1) 申請書に記入、押印してください。
    (2) 
    申請書・利用料を負担したことを証する領収書等を市に直接ご提出ください。
  3. 提出期限
    令和2年3月31日までに申請をお願いします。
  4. 助成額の決定
    申請書等を審査の上、助成額を決定し、市から保護者あてに通知します。
  5. 助成金のお支払い
    助成額の決定後、保護者指定の銀行口座に直接振り込みます。
    なお、令和2年5月下旬に振り込みを予定しています。

 

対象施設

都単独型一時預かり事業及び定期利用保育事業を実施している施設で、国の無償化の対象外となっている施設が対象となります。

  1. 調布市内の都単独型一時預かり事業について
    対象施設はありません。
  2. 調布市内の定期利用保育事業について
    認可保育所「エンゼルシー」が対象となります。

(注)調布市外の対象施設について
 対象施設の所在している区市町村に、「東京都一時預かり事業・定期利用保育事業実施要綱」に基づく事業を実施している施設かどうかお問い合わせください。


このページのお問い合わせ先

子ども生活部 保育課

電話番号:042-481-7132から7134・7758
ファクス番号:042-499-6101
メールアドレス:hoiku@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ