第66回文化財防火デー消防演習が深大寺で実施される

2020年1月30日 登録

文化財防火デー消防演習

深大寺の本堂に向けて一斉放水している写真

昭和24年1月26日に発生した奈良県法隆寺で解体修理中の金堂が火災になり壁画が焼失したことなどにより、「先人たちが残した文化財を火災から守ろう」という世論が高まり、昭和25年に文化財保護法が制定され、昭和30年に毎年1月26日を「文化財防火デー」と定めました。

66回目を迎えた今回、1月24日(金曜日)に東京消防庁は深大寺で消防演習を行いました。演習には深大寺関係者をはじめ消防隊や消防団第9・14・15団の約60人の関係者が参加しました。

消防演習が行われた深大寺の写真消火活動をしている写真

演習は、深大寺本堂内から出火し、初期消火を行うものの延焼が拡大したため、参拝者と重要文化財を避難させ、消防隊や消防団など協力して深大寺本堂に放水するという想定で行われました。

消火器による初期消火をしている写真演習に参加した消防団の写真

国宝に指定された銅造釈迦如来像のレプリカを避難させ、初期消火を行うなど、真剣な眼差しで訓練を行っていました。

白鳳仏のレプリカを搬出する深大寺の僧侶の写真文化財を搬出する防火女性の会の2人の写真

当日は、演習の様子を深大寺小学校の児童が見学し、一斉放水の際には大きな歓声が上がっていました。

演習後、調布消防署長と深大寺執事、消防団長から挨拶がありました。
文化財を後世に残すために、地域の皆さんと協力して、日頃からの火災予防をすることの重要性を再認識できた演習でした。

演習を見学する深大寺小学校の児童の写真演習後に整列した参加者の写真

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。