令和元年度全国学校給食週間の取組

2020年2月14日 登録

全国学校給食週間

全国学校給食週間は、戦後、学校給食が再開されたことを記念して始まった取組です。学校給食への理解や関心を高めるため、毎年1月24日から30日の1週間、全国で様々な取組が実施されます。

市内小・中学校でも、毎年、各校が様々なテーマで給食を提供しています。中でも、給食の歴史を年代ごとに振り返る献立は、児童・生徒、教職員からも人気があります。今年度は、給食の歴史に注目した献立と、国際交流を深めた取組を紹介します。

明治22年の学校給食(多摩川小学校、1月24日実施)

学校給食の歴史は今から約130年前、明治22年に山形県の小学校で出されたおにぎりと塩鮭、漬物から始まったと言われています。多摩川小学校では、塩むすびを給食室で手作りし、当時の給食を再現しました。調理員総出で全校児童分の塩むすびをひとつひとつにぎり、さらに1枚ずつのりを巻いていきます。

教室では、普段と違う様子に「どうしておにぎりなの?」「昔の給食ってこんな感じだったんだ」と盛り上がり、興味を示す児童の様子が見られました。

給食室で塩むすびをにぎっている写真塩むすびにのりをまく様子の写真

1月24日(金曜日)の献立

  • 塩むすび
  • 焼き魚
  • 炒めたくあん
  • 豚汁
  • ぽんかん
  • 牛乳

多摩川小学校で提供された給食の写真

昭和25年の学校給食(染地小学校、1月27日実施)

戦争によって一時中止された学校給食は、昭和22年、アジア救済団体(LARA)からの物資救援を受けて再開されました。昭和25年には、アメリカから小麦粉が寄贈され、パン、ミルク、おかずの完全給食が実施されるようになります。

この頃の給食で、高価だった肉の代わりによく使われていたのがくじらの肉です。染地小学校では、当時の定番メニュー「鯨の竜田揚げ」を提供しました。初めて食べる児童も挑戦しやすいよう、大きさを工夫しています。

1月27日(月曜日)の献立

  • コッペパン
  • 鯨の竜田揚げ
  • キャベツの浅漬け
  • 野菜スープ
  • 牛乳

染地小学校で27日に提供された給食の写真

また、全国学校給食週間の最終日では、学校給食始まりの地にも注目。山形県の郷土料理である「いも煮」を給食に取り入れました。

1月30日(木曜日)の献立

  • ごはん
  • いも煮
  • ホキの南蛮揚げ
  • 牛乳

染地小学校で30日に提供された給食の写真

昭和44年頃の給食(若葉小学校、1月28日実施)

昭和40年代になると、学校給食用に「ソフト麺」が開発され、給食に使用されるようになりました。脱脂粉乳から牛乳に切り替わったのもこの頃です。

現在の給食にはあまり登場しなくなり、知らない人も多い「ソフト麺」。若葉小学校では、「ソフト麺ミートソース」として、当時の食べ方を再現しました。多くの児童が初めて味わう献立でしたが、麺を袋から開け、上手にミートソースと混ぜて食べる様子が見られました。

1月28日(火曜日)の献立

  • ソフト麺ミートソース
  • 揚げワンタンのパリパリサラダ
  • パインゼリー
  • 牛乳

 若葉小学校で提供された給食の写真

 

世界の料理(八雲台小学校、1月30日実施)

全国学校給食週間の最終日、八雲台小学校では「世界ともだちプロジェクト」の一環として、ミクロネシア連邦の大使らを招き、国際交流を図りました。

給食では、大使の好物だという和食を中心にした献立を提供。伝統衣装を着た教職員が各クラスを訪れ、里芋を使ったミクロネシア連邦のデザート、「ファファ」を配りました。

また、この取組については「オリンピック・パラリンピック教育」のページでも紹介しています。下記関連リンクよりご覧いただけます。

1月30日(木曜日)の献立

  • ごはん
  • 肉じゃが旨煮
  • 豚汁
  • ファファ
  • 牛乳

八雲台小学校で提供された給食の写真

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 学務課
電話番号:042-481-7473~6
ファクス番号:042-481-7739
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。