東京アビリンピック(東京障害者技能競技大会)で市内福祉作業所に通所する秦野和人さんが入賞

2020年3月5日 登録

東京アビリンピック(東京障害者技能競技大会)で市内福祉作業所に通所する秦野和人さんが入賞

小平市にある東京障害者職業能力開発校と職業能力開発総合大学校で開催された第18回東京アビリンピック(東京障害者技能競技大会)のデータベース(Microsoft Office Access)種目で、市内の福祉作業所の「社会福祉法人新樹会 創造農園」に通所する秦野和人さんが銀賞を受賞しました。

秦野さんは今回の受賞に対して「集中的なスクーリングの成果ですね。次は金メダル!これを機に、創造農園にアクセスの業務依頼が来たらうれしいです。」と喜びと今後の抱負を語ってくれました。

秦野和人さんの写真

東京アビリンピックとは

東京アビリンピックは障害のある方々が障害の種別に関係なく、日頃培った技能を競い合う大会です。今回の大会では、データベース種目のほかビルクリーニングや喫茶サービスなど幅広い分野で14競技種目が行われ、108人の選手が参加しました。

創造農園

創造農園は、精神障害者の「働く場」として野菜やハーブを栽培する菜園や、この市報ちょうふをはじめとする印刷業務のほかさまざまな仕事をしている福祉作業所です。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。