生活福祉資金特例貸付(新型コロナウイルス感染症拡大防止)(10月8日更新)

2020年10月8日 更新

各都道府県社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々に向けた緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を、3月25日(水曜日)より開始しています。

申請窓口(問い合わせ先)

調布市社会福祉協議会(外部リンク)
電話 042‐481‐7693
(注)申請ご希望の方は、お電話でご予約(平日(月曜日から金曜日)午前9時から午後5時をお願いいたします。

(注)中央労働金庫及び郵便局による緊急小口資金(特例貸付)の申請は、9月30日に終了しました。 

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等による福祉資金 緊急小口資金(特例貸付)

対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯

内容

  • 貸付額
    20万円以内(一括交付)
  • 返済期間
    2年以内(24回以内)
  • 連帯保証人
    不要
  • 利子
    無利子

(注)ただし、返済期限までに返済が完了しない場合、残元金に対して年3パーセントの延滞利子が発生します。

新型コロナウイルス感染症の影響による離職等による総合支援資金 生活支援費(特例貸付)

対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯

内容

  • 貸付額
    二人以上世帯 月額20万円以内
    単身世帯 月額15万円以内
  • 貸付期間
    原則3か月以内
  • 返済期間
    10年以内(120回以内)
  • 連帯保証人
    不要
  • 利子
    無利子

(注)ただし、返済期限までに返済が完了しない場合、残元金に対して年3パーセントの延滞利子が発生します。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 生活福祉課
電話番号:042-481-7097~8・7100
ファクス番号:042-481-7058
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。