保育所等休園に伴うベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス感染症対策)(5月22日登録)

2020年5月22日 登録

ベビーシッター利用者支援者事業の実施について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い保育所等(認可保育所、認定こども園、幼稚園、認証保育所、地域型保育事業、認可外保育施設)が保育の提供の縮小や臨時休園を行ったことにより、仕事を休むことが困難な方が東京都が認定するベビーシッターの利用をした場合に、1時間150円で利用ができるように助成を行ないます。

現行行なっている調布市のベビーシッターの利用料助成とは、利用方法等異なりますので、内容をよくご確認のうえご利用ください。

対象者

保護者

保育所等臨時休園に伴い登園自粛要請等を受けたが、仕事を休むことが困難で、保育支援が必要な保護者

児童

臨時休園等となった保育所等に通う児童

対象期間

令和2年4月1日から6月30日まで

利用者負担額

1時間あたり150円(税込)
(注)入会金、ベビーシッターの交通費、キャンセル料、保険料等は対象外

利用可能時間

月曜日から土曜日までの午前7時から午後10時まで
(注)祝日は除きます

利用上限

保育短時間認定(相当)の方

1日8時間かつ月160時間

保育標準時間認定(相当)の方

1日11時間かつ月220時間

利用方法

  1. 子ども政策課の窓口に来ていただき、事業内容等説明後、対象者のかたには、「対象者確認書」を交付します。
  2. 東京都の指定する認定事業者の中から、希望の事業者を選択し、契約を締結していただきます。その際に「東京都のベビーシッター利用支援事業を使いたい」旨を必ず伝えてください。(東京都が認定するベビーシッター事業者の一覧は、下記の東京都のホームページでご確認ください)
  3. 事業者との契約成立後、契約書を持って子ども政策課の窓口来ていただき、利用約款への同意書にサインをして、この事業を利用するためのアカウントの発行を申し込んでください。後日、アカウントが郵送で通知されます。
  4. 利用の際、専用システムから発行した助成券コード(番号)をベビーシッターに伝えます。 

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 子ども政策課
電話番号:042-481-7105・7106・7757
ファクス番号:042-499-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。