緊急事態宣言解除に伴う市長メッセージ(5月27日登録)

2020年5月27日 登録

緊急事態宣言が解除されました

令和2年5月25日、政府の緊急事態宣言の解除に伴い、東京都の外出自粛や休業要請などの段階的な緩和が進められていることを受けて、市長からのメッセージを掲載します。

また、市は、この間、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、公共施設等を臨時休館・臨時休止としていましたが、宣言の解除を受け、市の公共施設等については、感染防止対策を十分に講じたうえで順次開館及び利用を再開することとします。

市長メッセージ

5月25日、国は東京都を含む5都道県について、「緊急事態宣言」を解除しました。
国の決定に連動して東京都においては、5月26日午前0時から外出自粛や休業要請などの段階的な緩和が進められています。
調布市においては、5月4日から5月25日まで新規感染者数が横ばいで推移する中で、緊急事態宣言の解除という節目を迎えることができました。このことは、外出自粛をはじめ日常生活において感染予防のための行動を徹底された市民の皆さまのご努力、施設休業や営業自粛に対応された事業者の皆さまのご協力、そして感染リスクと隣合わせの中で献身的な活動に取り組まれた医療従事者の皆さまのご尽力によるものであり、心から感謝申し上げます。

この度の緊急事態宣言の解除を踏まえ、市は、5月26日に第8回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、この間臨時休業や一部サービスの休止を実施していた市内の公共施設等について、感染防止対策を講じたうえで、順次開館及び施設利用を再開していくことを確認しました。
市立小学校・中学校につきましては、十分な感染予防対策を行ったうえで、6月1日から分散登校を行い、6月15日から通常授業を再開いたします。認可保育園につきましては、6月1日から保育園の運営を再開いたします。なお、当面6月中は、感染防止のため、ご家庭で保育が可能な方について、できる範囲での家庭内保育にご協力をお願いいたします。
公共施設の開館・利用再開の取扱い及び市主催のイベント等の開催などについては、国や東京都の感染症対策の方針を踏まえた「調布市公共施設の開館・利用におけるガイドライン」に基づき、施設ごとに十分な感染予防対策を講じるなど、市民の皆様の健康と安全を最優先に準備を進め、段階的な開館・利用の再開を実施してまいります。
引き続き、市民の皆様にはご不便をおかけいたしますが、一人ひとりの命と健康を守るためご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症への対応は長期戦になることが想定される中、市民、事業者の皆様は、なお先行きの見えない困難と不安のさなかにおられることと認識しております。市は、引き続き、市民生活や地域経済を取り巻く状況の把握に努め、国や東京都の方針や取組とも連携しながら、新型コロナウイルス感染症に対する市の緊急対応に掲げた、「感染症拡大防止への取組」、「市民生活及び子どもたちへの支援」、「地域経済への支援」の3つの柱を基軸とした取組を展開してまいります。PCR検査センターは、調布市医師会に運営をお願いし5月20日に開設するとともに、発熱外来を設置する医療機関への支援など地域の医療体制の確保に引き続き取り組んでまいります。またこれからは、「感染症再流行の抑制」と「社会・経済活動の再開・回復」を両立させていくための道筋もしっかり議論し、必要な取組を迅速、的確に実施していくことが重要と考えております。
今後とも、住民に最も近い基礎自治体として、市民に寄り添い、市民生活に安心感をもたらすことができるよう、市民、事業者をはじめ関係機関・団体など多様な主体との連携を図りながら、市として可能な対策を最大限追求してまいります。この難局を乗り越えていくため、引き続き、市民の皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和2年5月27日 調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策担当
電話番号:042-481-7233
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。