(6月1日発表)令和2年第2回定例記者会見

2020年6月2日 登録

令和2年第2回調布市議会定例会に伴う定例記者会見

市長あいさつ

市長の長友でございます。新型コロナウイルスの感染等の情報収集などで皆様大変お忙しい中、定例記者会見に出席いただきましてありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症につきましては、先週25日に7週間に亘った国の緊急事態宣言が解除され、東京都においては、外出自粛や休業要請などの段階的な緩和が進められている状況でございます。
調布市は26日に第8回新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、この間の感染症対策として臨時休業や一部サービスを縮小・休止してきた公共施設に関し、段階的に再開していくことを決定し、現在、その取り組みを進めているところでございます。
具体的に申し上げると、認可保育園や学童クラブ、児童館を本日6月1日から再開するとともに、臨時休業していた小・中学校においても、感染症対策を十分に講ずる中で、本日から分散登校を開始し、2週間後の15日から通常授業に移行いたします。
保護者の皆様におかれては3ヶ月の長きに及ぶ学校の休業期間、お子様の学業や心身への影響など、さまざまな御心配があったことと存じます。今後とも調布市教育委員会及び学校とともに、調布の子どもたちの健やかな成長を全力でサポートしてまいります。
そのほか市民の皆様に大変ご不便をおかけしてきた公共施設の利用については、国や東京都の方針を踏まえた「調布市公共施設の開館・利用におけるガイドライン」に基づき、十分な感染防止対策を施した上で、図書館や武者小路実篤記念館など社会教育施設をはじめ、文化会館たづくり、地域福祉センターなどの文化・コミュニティ施設の諸室やホールの利用を順次再開してまいります。
今後も感染者が減少をたどり、私どもの公共サービスが円滑に従前に戻るような形に進展していくことを祈るような気持ちで、現在の業務に臨んでいるということでございます。
他方、先月20日に開設したPCR検査センターの運営については、調布市医師会の御協力を得て、安全、安心の確保に最大限、意を用いながら取り組んでいるところでございます。今後も、医師会や東京都との連携のもと、市民の命と健康を守るため、地域医療提供体制の確保に引き続き尽力してまいります。
なお、緊急事態宣言は解除されましたが新型コロナウイルスの感染は終息したわけではありません。また、これから暑い季節を迎え、夏場のマスク使用などは熱中症のリスクが高まることや、秋から冬にかけて従来型のインフルエンザの本格的な流行や新たな感染拡大のリスクも危惧されます。世界各国でも感染流行の第2波・第3波が懸念されており、新型コロナウイルスへの対応は今後も続くこととなります。ここで気を緩めることなく、政府の専門家会議から提言された「新しい生活様式」の実践とともに、手指消毒の徹底、マスクの着用、身体的距離の確保などの感染防止の基本対応を呼びかけるなど、調布市としても引き続き感染拡大防止の取り組みを推進してまいります。
また今後は、「感染症再流行の抑制」と「社会経済活動の再開・回復」を両立させていくための道筋についても、しっかり議論し、必要な対策を迅速・的確に実施していくことが肝要と考えております。国や東京都の今後の動向を注視しつつ、関係機関・団体など多様な主体との連携を図りながら、市として機動的な対応を図ってまいります。
さて、令和2年第2回調布市議会定例会は先月29日に告示し、今週5日に開会の予定です。
今議会では、新型コロナウイルス感染症に関連する一般会計補正予算案や条例の一部改正、市道路線の認定及び廃止などを提案・報告いたします。
その中には先月11日の臨時記者会見で調布市の緊急対応としてお示しした「感染拡大防止に向けた取組」、「市民生活及び子どもたちへの支援」、「地域経済への支援」の3本柱に即した追加策を含んでいます。
特徴的なところでは第2の柱の「市民生活と子どもたちへの支援」において、市独自の「調布っ子応援プロジェクト・第2弾」と銘打って、ひとり親家庭への支援として、児童育成手当の受給者に対する給付金を7月から9月までの3ヶ月間にわたり給付いたします。併せて、給食米を活用した子どもの食の応援事業を実施します。さらに、市内在住の単身大学生への支援として、調布市の姉妹都市である長野県木島平村特産のお米をお配りします。
その他補正予算の具体的な内容については、この後担当から説明をさせていただきます。
最後に、緊急事態宣言は一旦解除されましたが、市民や事業者の皆様におかれてはまだまだ先行きの見えない状況の中、様々な不安を抱えていることと存じております。住民に最も近い基礎自治体として調布市はどこまでも市民に寄り添い、市民生活に安心感をもたらすことができるよう、市民、事業者をはじめ関係機関・団体等多様な主体との連携を図りながら、引き続き可能な対策を追求していく所存です。
本日お集まりいただきました報道各機関の皆様におかれましては本日の記者会見でお知らせする調布市の取り組みについて、ぜひとも取り上げていただきたく、ご高配をお願いいたします。よろしくお願いいたします。

令和2年第2回調布市議会定例会提出議案概要

  • 監理団体の経営状況報告 6件
  • 令和元年度繰越明許費繰越計算書 2件
  • 令和元年度事故繰越し繰越計算書 1件
  • 令和2年度一般会計補正予算1件
  • 令和2年度下水道企業会計補正予算 1件
  • 条例の一部改正 7件
  • 市道路線の認定・廃止等 3件
  • 財産の取得 1件
  • 人事議案 2件

配布資料

その他の情報提供

  1. 調布市地域経済回復に向けた緊急対策会議の設置
    内容 市内事業者の現状と行政(国・都・市)が実施している支援策を相互での情報共有及び市内事業者向けの支援策の検討。
    問合せ 生活文化スポーツ部産業振興課 042-481-7707・7176
  2. @調布国際音楽祭2020"online communication"
    内容 特設サイトに20以上の音楽コンテンツを提供。自宅で音楽祭に参加している気分を味わえるオンライン音楽祭。
    期間 令和2年6月14日(日曜日)から21日(日曜日)
    主催 公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団
    問合せ 公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団 芸術振興事業課 042-481-7611
    公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団 文化・コミュニティ事業課 042-441-603
    生活文化スポーツ部文化生涯学習課 042-481-7541
  3. 調布市大学生お米で応援プロジェクト
    内容 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けている市内の大学生の生活を支援するため、市内に所在する相互友好協力協定締結大学等の学生寮を通じて、姉妹都市である長野県木島平村の米を提供する。
    問合せ 生活文化スポーツ部文化生涯学習課 042-481-7541

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。