「新しい生活様式」の実践を(新型コロナウイルス感染症対策)

2020年6月9日 更新

市民の皆さんご自身を守るため、大切な人を守るため、そして、私たちが生活するこの社会を守っていくため、皆さんと一丸となって感染予防に取り組むことが大切です。
国が示す「新しい生活様式」の実践にご協力をお願いします。

日常生活を営む上での基本的生活様式

身体的距離の確保

  • 人との間隔をできるだけ2メートル(最低1メートル)空けましょう
  • 会話をする際は、可能な限り真正面を避けましょう

マスクの着用・手洗いの徹底

  • 外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用しましょう
  • こまめに手洗いや手指消毒を。手洗いは30秒程度かけて、水と石けんで丁寧に洗いましょう
    手洗い方法について(199KB)(PDF文書)
  • 家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替え、シャワーを浴びましょう
  • 咳エチケットを徹底しましょう
    咳エチケットについて(249KB)(PDF文書)

「3つの密」(密閉、密集、密接)の回避

3つの密が重ならないよう注意しましょう。3つの密が重ならない場合でも、できるだけ「ゼロ密」を目指しましょう。

  1. 換気の悪い「密閉」空間
  2. 多数が集まる「密集」場所
  3. 間近で会話や発声をする「密接」場面

「密閉」「密集」「密接」しない(913KB)(PDF文書)
「リーフレット「密閉」「密集」「密接」しない」の画像
出典
「首相官邸ホームページ」(外部リンク)

風邪症状があるときの休養

  • 毎朝、体温を測定し、健康状態をチェックしましょう
  • 発熱または風邪の症状がある場合は、無理をせず自宅で療養しましょう

日常生活の各場面での生活様式

買い物するとき

  • 通販や電子決済を利用しましょう
  • 一人または少人数で、空いた時間に出かけましょう
  • あらかじめ計画を立てて素早く済ませましょう
  • サンプルなど展示品への接触は控えめにしましょう
  • レジに並ぶときは、前後にスペースを確保しましょう

娯楽やスポーツを楽しむとき

  • 公園はすいた時間や場所を選びましょう
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用しましょう
  • ジョギングは少人数で、すれ違うときは距離をとりましょう
  • 施設などは予約制を活用してゆったりと利用しましょう
  • 更衣室など狭い部屋での長居はやめましょう
  • 歌や応援は、十分な距離をとるかオンラインを活用しましょう

公共交通機関を利用するとき

  • 電車やバスの中での会話は控えめにしましょう
  • 混んでいる時間帯の利用を避けましょう
  • 徒歩や自転車も利用しましょう

食事をするとき

  • 持ち帰りや出前、デリバリーも利用しましょう
  • 大皿は避けて、料理は個々に盛りましょう
  • 対面ではなく、横並びで座る、隣と一つ飛ばしに座る、互い違いに座るなど工夫しましょう
  • 料理に集中し、おしゃべりは控えめにしましょう
  • お酌、グラスやおちょこの回し飲みは避けましょう

冠婚葬祭などの親睦行事に参加するとき

  • 多人数での会食は避けましょう
  • 発熱や風邪症状がある場合は自宅で療養しましょう

新しい生活様式実践例の画像
新しい生活様式の実践例(簡易版)(1,221KB)(PDF文書)
(注)市報ちょうふ6月5日号2面に掲載。ダウンロードして自由にお使いください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。