子どもの歯みがき中の事故に気をつけて!(東京都生活文化局)

2020年6月10日 登録

事例

  1. 歯みがき中に動いて、座っていた椅子から落ち、歯ブラシが刺さりそうになった。
  2. 歯みがき中にふざけて姉とぶつかり、歯ブラシがのどに刺さって出血した。
  3. 歯ブラシをくわえたまま転倒し、口の中が切れ出血した。
  4. ソファから落ちて、くわえていた歯ブラシが喉に刺さりそうになった。

アドバイス 

  •  事故の危険性の高い3歳前半までは、喉に突き刺さりにくい歯ブラシや、喉の奥に入りにくい歯ブラシを使いましょう。
  • 保護者の見守りの中で、床に座って歯みがきをさせましょう。立っているより座っている状態の方が、転倒時のケガのリスクを低減できます。動きながらや、ソファなど不安定な場所での歯みがきはやめましょう。
  • うがいなどで移動するときは、歯ブラシを口にくわえたまま、又は持たせたまま子どもを歩かせないようにしましょう。
  • 保護者が仕上げみがきに使う歯ブラシは、喉突きなどの危険性が高いため、子どもに持たせたり、子どもの手の届くところに置かないようにしましょう。

詳しくは「ダウンロード」のPDF文書をご確認ください。 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。