新型コロナ対策のために予防接種を遅らせないで

2020年6月15日 登録

予防接種

定期予防接種は、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を予防する観点から非常に重要で、感染しやすい年齢を考慮して感染症ごとに接種年齢を定めて実施しています。

特に、赤ちゃんの予防接種を遅らせると、感染症に罹患するリスクが高くなります。

また、乳幼児健診は、子どもの健康状態を定期的に確認し、育児等について相談する大切な機会です。

健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。 

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

接種のための受診による感染症への罹患リスクが、予防接種を遅らせるリスクよりも高いと考えられる場合は、接種期間を延長します。

期間延長を希望する場合は、健康推進課(電話042-441-6100)にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。