熱中症に注意

2020年6月20日 登録

今年の夏は、新型コロナウイルス感染症予防のために、これまでと異なる生活環境であることから、例年以上に熱中症に気を付けることが重要です。

熱中症は、重症になると脱水症状や意識障害により命の危険を伴うことがあります。屋外だけでなく約4割は屋内で発生しています。日差しが強く、気温が急に上昇する夏場は予想以上に症状の進行も早いので、スポーツ(プールや海水浴含)や暑いところでの作業等は、水分補給や休養を取るなどして体調管理には十分気をつけましょう。

特に、高齢者や乳幼児の方は発症しやすいので、ご家族や周りの方の一層の注意が必要です。
室内は暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使ってこまめに温度調整をしましょう。

熱中症とは

気温や湿度の高い環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内に熱がこもってしまう状態です。

熱中症の主な症状

  • 軽症 めまい、立ちくらみ 、大量の汗、筋肉痛、こむらがえり(手足などの筋肉がつる)
  • 中等度 頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、集中力低下
  • 重度 けいれん、意識消失((注)命を落とす場合もあり。)

特に注意が必要な方

  1. 高齢者
  2. 乳幼児
  3. 持病のある方、体調の悪い方
  4. 暑いところで作業やスポーツを行う方

熱中症から身を守るために

  1. 暑さの感じ方は人によって異なる
  • 外出時はできるだけ日陰を歩き、日傘や帽子で直射日光を遮断しましょう。
  • すだれ、打ち水の活用や、室内では暑さを感じなくても扇風機やエアコンなどの家庭にある冷房器具を使って温度調整(室温28度以下湿度70パーセント以下)に努めましょう。
  1. こまめに水分・塩分を補給 
  • のどが渇きを感じていなくてもこまめに水分を補給しましょう(1日1リットル以上)。
  • たくさん汗をかいた時は、適度な塩分も補給しましょう。
  1. 涼しい服装
  •  通気性、吸汗、速乾性のある衣類を選びましょう。黒は避け、襟元などをゆるめ熱を逃がすなどの工夫をしましょう。
  1. 暑さに備えた体力づくり 
  • 日頃から適度に体を動かし、汗をかく習慣を身に付けましょう。
  • バランスの良い食事と十分な休養や睡眠で免疫力を高めておきましょう。
  1. 体調にあわせて行動する
  • 熱帯夜の翌日は、体が脱水傾向にあったり、寝不足であったりするため、注意しましょう。
  1. 適宜マスクを外して休憩
  • マスクをしている時は負荷がかかる作業や運動を避けましょう。
  • 周囲の人との距離を十分に取った上で適宜マスクを外して休憩しましょう。

熱中症かなと思ったら

  1. 涼しい場所へ避難する
  2. 衣服を緩め、首筋や脇の下、太ももの付け根など太い血管のある部分に冷えたペットボトルや保冷材をあてて冷やす 
  3. 水分を補給する
  4. 意識が朦朧とする場合はすぐに救急車を呼ぶ 

熱中症は呼びかけ合うことが大切

  • 1人1人が周囲の人に気を配り、熱中症の予防を呼びかけ合うことで、発生を防ぐことができます。また、高齢者が1人で暮らしている家などで、雨戸が閉まったまま、新聞がたまっているなど、気になることを発見したら近くの地域包括支援センターへ連絡してください。

どんな時に注意するか

  1. 急に暑くなったとき
  2. 熱帯夜の翌日
  3. 風が弱いとき
  4. 湿度が高いとき(気温が低くても湿度が高い時は要注意)
  5. アスファルトなどで舗装されているところや、草が生えていない砂の上などで活動するとき

熱中症に対する専門的な知識は、環境省等の熱中症予防情報をリンクしてありますので、そちらをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。