市庁舎免震改修工事完了

2020年12月15日 登録

市庁舎免震改修工事完了

市庁舎は、市民サービスなど市の様々な業務の拠点であるとともに、災害発生時には防災上の拠点となる重要な建物です。平成23年に発生した東日本大震災の際、建物に被害を受けたことから、喫緊の課題として耐震性の確保に向けた取組を進め、平成30年6月から免震改修工事に着手し令和2年5月に完了しました。

免震改修工事により、震度6強から7クラスの大地震発生時においても、人命の安全を確保するとともに、その後も市役所機能を維持できる耐震性能を確保しました。

工事中は、来庁者の皆様に御迷惑をお掛けしました。これまで御協力いただき、ありがとうございました。

 

画像をクリックすると、より大きい画像でご覧いただけます。

免震改修計画

 市庁舎免震改修工事

  • 契約年月日
    平成30年6月25日
  • 履行期限
    令和2年6月15日
  • 工事完了日
    令和2年5月28日
  • 契約金額
    2,443,187,000円
  • 請負者
    鹿島建設株式会社東京土木支店

免震改修工事とは

建物の基礎や柱などに積層ゴムなどの免震装置を設置し、地震の揺れを上部構造に伝えにくくする工事です。

制震・耐震のイメージ

工事内容

  1. 免震
    免震装置の設置
    1階柱頭に免震積層ゴムを設置しました。その他、オイルダンパーなどを設置しました。
    免震装置の写真
  2. 補強・連結
    躯体補強工事
    柱や壁の補強工事やエレベーター棟と庁舎棟の連結などを行いました。
    躯体補強工事の写真
  3. 分離
    免震エキスパンション・ジョイント設置
    既に耐震化が済んでいる議場棟と庁舎棟との間に、建物のクリアランス((注)1)を確保するため、免震エキスパンション・ジョイント((注)2)を設置しました。
    (注)1:地震発生時、揺れによって市庁舎と議会棟がぶつからないための隔離距離
    (注)2:建物間の隙間を埋めるための特殊な金具
    エキスパンションジョイントの写真

免震装置の設置場所

画像をクリックすると、より大きい画像でご覧いただけます。

免震装置の設置イメージ

今後について

市庁舎については、今後30年程度の使用を見据え、長寿命化を図るため、外壁、防水、設備等の改修など、必要となる維持保全を計画的に行っていきます。

また、来庁者の利便性向上のため、内装のリニューアルなど、快適な空間づくりに努めていきます。

 関連動画

調布市動画ライブラリー(テレビ広報ちょうふ令和2年8月20日号)「市庁舎免震改修工事終了」(youtubeサイトへ外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

総務部 管財課
電話番号:042-481-7173~5
ファクス番号:042-481-6454
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。