市内認可保育施設における7月以降の対応(新型コロナウイルス感染症対策)及び新型コロナウイルス感染拡大防止の取組み

2020年8月20日 更新

市ではこの間、感染拡大防止を目的として、認可保育施設を5月31日まで臨時休園とした後、6月30日までの間、家庭での保育が可能な場合について、家庭での保育をお願いしています。

7月1日以降の対応については、保護者の皆様に対して市から特段の依頼は行わず、市内認可保育施設を原則として通常開園することとします。

市内保育施設では、引き続き感染拡大の防止に努めていく必要があることから、日々の保育や各事業において、例年とは異なる対応となる場合がありますが、園児の安全を第一に考えた取組であることを御理解いただきますようお願い申しあげます。

保育料・給食費(副食費)

7月以降の保育料及び副食費は、登園状況に関わらず、規定どおり月額をお支払いいただく(日割り計算は終了)こととなります。
ただし、例外として、令和2年4月以降に入園した方で、育休、就労内定又は求職活動中の期間を延長している方は、令和2年9月30日までの間、一月に一日も登園しない場合に限り、登園実績を確認後、保育料及び副食費を返還します。

その他

御家庭においても日々、感染防止を心がけていただくほか、園児の体調に少しでも不安がある場合は、登園を見合わせていただくとともに、園児や保護者、その他同居の家族の感染が確認、又は濃厚接触者と指定された場合は、速やかに在籍園に御連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

都内において、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、保育施設における感染防止及び感染拡大防止のために、改めて下記の場合は登園を控えていただくようお願いいたします。

  • 園児及び同居家族等の感染が疑われる場合又は濃厚接触者となった場合

なお、この場合は、速やかに在籍園に御連絡いただくとともに、該当者が他者に感染させる恐れがなくなるまで又は保健所等から指定された健康観察期間が過ぎるまで、保育園を休んでいただくことになります。

  • 同居家族等が咳などの風邪症状があるなど体調不良の場合
  • 園児が発熱し、解熱後24時間以内の場合 

市内保育施設においては、引き続き感染防止対策を徹底して参りますが、保護者の皆様におかれましても、園児の安全を最優先にした取り組みであることを御理解のうえ、御協力いただきますようお願い申しあげます。

市内の学童クラブについては、次のリンクを御参照ください。

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 保育課
電話番号:042-481-7132から7134・7758
ファクス番号:042-499-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。