調布市空き家×晃華学園

2021年3月16日 更新

  • Facebook
  • Twitter

SDGs11プロジェクト

市内学校と連携し、持続可能なまちづくりについて、「同世代への共感」と「スマイのミライ」をテーマに、10年後20年後のまちの魅力を一緒に考えていきます。

事業概要

  • 未来のまちづくりを担う中高生と、空き家でスポンジ化した都市の10年後20年後のまちの魅力について一緒に考えていく。
  • 空き家を資源として、空き家への意識や関心を同世代へ普及する。
  • 我が家を空き家にしないために「スマイのミライ」について一緒に考えていく。

事業内容 

  1. 啓発事業
    中高生への空き家問題の啓発(SNSを用いた啓発手法の開発)
  2. 利活用提案事業
    空き家を活用する方法の提案(スポンジ化を見据えた都市計画)
SDGs11プロジェクトの取組
年度 主な経過
令和2年度
  • プロジェクト説明会
  • オンライン講座
  • 中間報告会
  • ハッカソン実証実験
  • 最終発表会

調布市動画ライブラリー「普及啓発プラン完成披露会」(令和3年2月6日開催)(youtubeサイト)(外部リンク)

説明会の写真ハッカソン実証実験の写真 

このページの先頭に戻る


このページのお問い合わせ先

都市整備部 住宅課 空き家施策担当

電話番号:042-481-7817
ファクス番号:042-481-6800
メールアドレス:akiya@w2.city.chofu.tokyo.jp

PCサイトへ