(7月10日発表)調布市平和祈念事業

2020年7月13日 登録

調布市国際交流平和都市宣言より30年

令和2年は戦後75周年であるとともに、「調布市国際交流平和都市宣言30周年」の節目となる年です。
調布市では、展示や映画会などを通して身近に感じてもらえるよう、今年も「わかりやすく、心に届く」平和祈念事業を行います。
今は「当たり前」と感じるかもしれない「平和」について考えてみませんか。

調布っ子“平和なまち”絵画コンテスト2020

“平和なまち”をテーマに絵を描いて応募しよう

平和首長会議2018年受賞作品最優秀賞の画像

平和首長会議が実施する「子どもたちによる“平和なまち”絵画コンテスト2020」へ応募する絵画を募集します。
また、今年度は市でも独自の賞を設けて、全作品の中から表彰を行う予定です。
7月20日までにご応募いただいた作品は原爆展で展示します。
また、選定の結果表彰された作品は、市の平和祈念の取組を啓発するためのグッズデザインに使用させていただく予定です。

  • 第一次締切 令和2年7月20日(月曜日)
  • 最終締切 令和2年10月13日(火曜日) 必着

原爆展「原爆の悲惨さ、平和の尊さを伝えます」

長崎原爆資料館所蔵の時計の写真

長崎原爆資料館からお借りした被爆資料や広島市立基町高校の生徒による「原爆の絵」のほか、市の平和に向けた取り組みを展示します。
市内在住の戦争体験者へのインタビューや、令和元年度広島平和派遣のスライドショーなど、映像資料も見ることができます。

日時

令和2年8月1日(土曜日)から8月9日(日曜日) 午前10時から午後6時

場所

文化会館たづくり2階南ギャラリー

調布市平和映画・朗読会「語り継がれる被爆体験 耳を傾けてみませんか」

調布市平和映画・朗読会の写真

広島・長崎の両方で「二重被爆」を体験された方をご存知ですか。
二重被爆者である山口彊さんを追ったドキュメンタリー映画「ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者」を上映します。
映画上映のほか、午後の部は被爆伝承者による講演、夜間の部は俳優松﨑謙二さんらによる朗読も行います。
映画やお話、朗読を通して、原爆や平和について考える一日を過ごしませんか。

日時

令和2年8月3日(月曜日)、4日(火曜日)

  • 午後の部 午後1時から (無料)
  • 夜間の部 午後6時から (500円)

場所

文化会館たづくり8階映像シアター

共催

調布市、株式会社タキオンジャパン

問い合わせ

調布市生活文化スポーツ部 文化生涯学習課

電話 042-481-7541
ファクス 042-481-6881
Eメール bunsin@w2.city.chofu.tokyo.jp

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。