調布飛行場周辺地域における小型航空機墜落事故から5年を迎えての市長メッセージ(令和2年7月26日)

2020年7月26日 登録

調布飛行場周辺地域における小型航空機墜落事故から5年を迎えての市長メッセージ

平成27年7月26日に調布飛行場周辺地域で発生した小型航空機墜落事故から、5年の節目を迎えました。

5年前の事故当日は非常に暑い日でした。事故発生直後、私自身、現地に赴き、炎に包まれた事故現場を目の当たりにし、今なおその光景が脳裏に焼き付いています。事故に巻き込まれた市民が死傷するという、あってはならない重大事故が発生したことを改めて重く受け止めるとともに、事故でお亡くなりになった方に対し衷心よりご冥福をお祈り申し上げる次第です。

この間、東京都は、被害者支援制度や飛行場の安全対策の強化、管理運営の厳格化等の対応を図るとともに、特に被害者支援制度については、事故被害者や地域住民からの意見や要望を真摯に受け止め、生活再建に資する実効的な制度を構築しました。現在、事故で甚大な被害を受けた家屋が再建されるに至っており、今後の平穏な生活を切に願うものです。

こうした中で、先般7月16日に東京地方裁判所において、事故被害者のご遺族の方が都と事故機の管理会社など2社に損害賠償を求めた訴訟について、2社に対する賠償責任が認められる判決が出されました。市としても今後の推移を重大な関心を持って注視するとともに、事故被害者に寄り添った対応を継続して参る所存であります。併せて、東京都に対しても、調布飛行場周辺住民の皆さんが安心して生活を送れるよう、この重大事故を決して風化させることなく、調布飛行場に関する歴史的経過や事故後の経過をしっかりと引き継ぐ中で、調布飛行場の万全な安全対策や厳格な管理運営の改善・強化に不断に取り組むことを求めて参ります。

令和2年7月26日
調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 企画経営課
電話番号:042-481-7362・7368・7369
ファクス番号:042-485-0741
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。